【お悩み解消】メダカの餌選びで悩んでいませんか?/私がおすすめする市販の粉餌やその成分・使っている活き餌の量や頻度について解説します

店長メグ
店長メグ

アクアショップに餌を選びに行ったら餌の種類がたくさんあって、どれを買っていいのか悩んだ経験はありませんか?

困ったことに、値段もそれほど違わないし、どれを見ても最適な餌、食いつき抜群って書いてますよね。

だから、私も初心者の頃にすごく悩まされました。

店長メグ
店長メグ

悩んで悩んで、ネットでどれがいいのか調べてみても、粉餌に加えて、ミジンコ?ゾウリムシ?ワムシ?生クロレラ?聞きなれない言葉の連続に、完全に混乱状態ですよね。

今回は、みなさまのそんなお悩みを解消するために、実際に私が使っている餌を中心に、何を与えたらよいかを解説していきます。

アクアショップに餌を選びに行ったら餌の種類がたくさんあって、どれを買っていいのか悩んだ経験はありませんか?

今回は、実際に私が「めだか屋SUN」で扱っている餌を中心に、メダカの餌選びのノウハウを解説させていただきます。

今でこそ、メダカの販売店をやっている私ですが、メダカを育て始めた頃は、市販の餌を選ぶだけでも何を買っていいのか途方に暮れてしまったことが何度もあります。

ましてブリーダーさんが、ミジンコとかゾウリムシを使う意味なんて『やっぱり生きてる餌の方がメダカが喜ぶのかな?』程度で全く分かっていませんでした。

みなさまも、私と同じように餌の悩みを抱えているのではないでしょうか?

店長メグ
店長メグ

このブログではメダカのブリーディングと販売を行っている私こと店長メグが、

①なぜ市販の餌以外に生きたエサを使用する人が多いのか
②市販の餌の各種成分の説明と製品の選び方
③活き餌のメリットとデメリット
④活き餌を選ぶコツ

などをわかりやすく解説しています。

【STEP1】まずは市販の粉の餌とそれ以外の餌の必要性について説明します

店長メグ
店長メグ

なんでお店で売っている餌以外に、生きている餌を使う人がいるんだろう?

※活き餌の事が知りたい方は、STEP4までさっと飛ばしちゃってくださいね!

理由はメダカは胃袋がないので食いだめができないから

メダカは胃袋がない生き物です。

胃袋がないので、人間みたいに半日分とか1日分のカロリーを、一回の食事でまとめて接種することができません。

そのため、屋外飼育のメダカは人間が与える餌のほか、一日中水の中の微生物を食べて不足しがちな栄養を補給しています。

店長メグ
店長メグ

もし、それができないと栄養失調で弱ったり、最悪の場合は餓死してしまうことがあります。

店長メグ
店長メグ

ところで、針子(稚魚)の死因NO.1は餓死だって知ってた?

危険!食べ残した粉のエサは水底に沈んで腐って水を汚します

一日数回、市販の粉の餌をあげても栄養が不足しがちってお話しましたが、一回に粉の餌をたくさんあげる行為は絶対にやめてください。

水槽の中のメダカが、3~5分で食べ尽くすことができないくらいの餌を、まとめてあげちゃうと、食べ残されたエサが水槽の底に沈んで、時間が経つと腐って飼育水を汚染します。

だから、餌をまとめてメダカに与えることはとても危険です。

店長メグ
店長メグ

メダカは一日中食べていないといけないんだよ。
でも、仕事や家事もあって忙しいのに、どうやって何回も給餌対応をしたらいいと思いますか?

その答えがミジンコなどの活き餌の活用です。

答えは微生物の代わりに生きた餌を使うことです

メダカは一日中食べ続けないといけないのに、1回にたくさんの餌を一度に与えることができないジレンマを解消するのが、いわゆる活き餌の活用なんです。

先程も書きましたが、メダカ達は人間が与えた粉の餌だけでなく、水中に自然に発生した微生物を食べて栄養不足を補っています。

でも、屋内飼育だと微生物が発生しにくいので、人工的にミジンコやゾウリムシを与えて微生物分を補うわけです。

店長メグ
店長メグ

屋外飼育のみの方や、一日に複数回餌を与えることができる環境の方でしたら、必ずしも生き餌を使う必要はないと思います。

ただ、ホントに小さな針子の餌やメダカのおやつとしても、ミジンコなどの活用はお薦めです。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG