【かなり危険】メダカ飼育における餌の食べ残しの負のスパイラル/過剰な餌のあげすぎが危険な理由

店長メグ
店長メグ

昨日まで調子が良かったメダカ達が、突然調子を崩してポツポツ死が止まらず慌ててしまった経験はありませんか?

私は意外にこういう経験が多くて、何度も悔しい思いをしてきました。

絶好調からポツポツ死の落差を目の当たりにすると、とても悲しい気持ちになりますよね。

経験上このようなケースって、気が付かないうちに餌がが過剰になっていることが多いんです。

昨日まで絶好調で元気に餌を食べていたメダカ達が、突然食欲を失って水槽の底に沈むようになり、ポツポツ死にはじめて慌てた経験はありませんか?

私はこの経験が多くて、長い間悩み原因を探し続けてきました。

皆さまも、私と同じような経験をして、行き場のない悲しい思いをした経験があるのではないでしょうか?

最近一つの結論として辿り着いているのが 、メダカの体調変化に気が付かないまま、気が付くと餌が過剰になってしまう現象です。

店長メグ
店長メグ

私はこれを餌残りの負のスパイラルと呼んでいます。

今回は、なぜ気が付かないうちに餌の食べ残しが増えてしまうのか、そして食べ残しがいかに危険化について解説をさせていただきます。

【STEP1】私が考えるエサ残しの負のスパイラルとは

店長メグ
店長メグ

まず、最初に見ていただきたいのが以下の動画です。

私が飼育しているマリアージュの動画ですが、メダカが本当に元気だと、常時これくらい俊敏に泳ぎ続けます。

飼育中のメダカが、この動画よりも泳ぎが緩慢だったり、止まったり泳いだりを繰り返えす、あるいは水槽の底に潜ってばかりの場合は、飼育水が汚れていることが予想されます。

店長メグ
店長メグ

発見が遅かった場合は、既になにか病気に罹患している可能性もあります。

まだ、汚染が早い段階でしたら、水替えだけでも十分を元気を取り戻します。

でも、一日中メダカが水底に潜りっぱなしになっている状況だと、水替えで一時的に元気に戻ったように見えても、長生きはできないかもしれません。

状況が酷い時は、換水のショックに耐えられずに、死んでしまうこともあります。

過剰餌による餌残りの負のスパイラル

餌残りの負のスパイラルのシナリオ


①メダカの調子がいいので産卵を促すためにドンドン餌を与えている。(飽和給餌)

②少し飼育水が汚れると、メダカの食欲が僅かに低下する

③(食欲の低下が原因となって)気が付かない程度の、餌の食べ残しが発生し始める

④残ったエサが原因で飼育水の汚染が加速する。

⑤メダカの食欲不振が進み、更に餌の食べ残しが増えるが、まだ飼育者がそれに気が付かないで餌残りが加速する。

⑥ ④⑤の繰り返しで加速度的に水の汚染が進む。

⑥急にエサの食いが悪くなったように感じ、メダカの体調不良に気が付くが、既に手遅れ寸前の状況。

⑦ポツポツ死が止まらなくなる。
店長メグ
店長メグ

この負のスパイラルの恐ろしいところは、数日前まで凄く元気で餌食いが良かったメダカ達が、たった数日で一気に弱ってしまうことです。

【STEP2】なぜ餌残りの負のスパイラルが起きるのか?

店長メグ
店長メグ

調子が良い水槽のメダカには餌をドンドンあげたくなる反面、調子がいい水槽ほどバクテリアのバランスを気にして、水替えを控えがちではありませんか?

そこに落とし穴があるんです。

理由は単純です。

元気でエサ食いが良い飼育水槽には、ついつい餌をたくさんあげたくなりますよね。

そして、気持ちの面では「この水槽は調子がいいから安心だ。バクテリアもしっかり湧いているんだろう。バクテリアを減らさないために、水換えは控えたほうがいい。」

店長メグ
店長メグ

飼育経験が長くなるほど、そう思いがちではありませんか?

そこが、餌残りの負のスパイラルの怖さです。

その餌をたくさんあげたい気持ちと、水替えを躊躇する気持ちが渦を作って循環し始めることで、元気なメダカが数日で弱って死んでしまう、大きなリスクを産み出す可能性があるのです。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG