メダカの餌やり方法の疑問を解決します!/おススメの餌の成分や注意点/水質管理の手順や給餌量から時間や間隔と頻度まで項目別に過剰給餌にならない餌の与え方のポイントを解説

店長メグ
店長メグ

メダカをはじめて飼育される方で、どんな餌を揃えたらよいか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

また、メダカの飼育に慣れてきて、もっと本格的な飼育にチャレンジするために、色々餌を模索していらっしゃるのではないでしょうか?

餌って単純そうですが、活き餌などこだわり始めると本当に覚えることも、悩むことも多いですよね!

今回は、みなさまのお役に立てるように、メダカの餌の成分や給餌の方法、活き餌の知識などについて、ワンストップで詳しく解説させていただきます。

みなさまは、メダカの餌に何をお使いですか?

私がメダカの飼育をはじめてしばらくは、稚魚用に「キョーリンさんのメダカの舞ベビー」と成魚用に通称「金パケ」を1日2回、朝夕に給餌して飼育していました。

ただ、飼育に慣れて色々突き詰めて調べるようになると、メダカを元気に育てていくには、様々な餌を組み合わせていく必要があることがわかり、すごく悩むようになりました。

みなさまの中にも、現在進行形でお悩み中の方も多いのではないでしょうか?

餌は「早く大きく育てたい。」とか「健康第一で育てたい。」

そんなニーズや飼育スタイルでも餌のチョイスも変わっていきます。

今回は、みなさまのお悩み解決のために、私が学んだ具体的な餌の種類や与え方について、できるだけ簡単な表現でまとめていきたいと思います。

店長メグ
店長メグ

話の中で出てきたメダカの舞ベビーと金パケはコチラです。

どちらも定番中の定番ですから、初心者に安心してお使いいただけます。

【STEP1】メダカの成長と餌の選択について

ふ化直後~若魚

孵化して2週間以内のメダカの稚魚を針子(はりこ)と呼びます。

針子の頃は、泳ぐだけでも一生懸命の状態で、口もすごく小さくエサを食べるのもあまり上手ではありません。

針子である2週間を無事にのりきることができると、メダカの稚魚の生存率は飛躍的に向上します。

重要

孵化してからの1カ月の食事が、その後のメダカの成長へ与える影響がとても大きく、この時期にどれくらいしっかり食事ができたかが、立派なメダカを育てるためにとても大切になります。

稚魚がしっかりと餌を食べて十分に栄養を摂取できていれば、全長が1cm位の若魚サイズに育つころは、ふっくらとしてメダカらしい体格に育ちます。

無事にサイズが1cmを越えることができたら、次は産卵・繁殖に向けてエサの種類や回数を換えていく必要があり、粗タンパク質が50%前後の高タンパク質ハイカロリーの餌を与えていくと、メダカが体格よく育ち、産卵を早めることができます。

メダカの糞からわかること

店長メグ
店長メグ

若魚サイズまでメダカが成長すると、給餌後のメダカの糞が確認できるようになってきます。

糞からわかる情報って結構あるので面白いですよ。

糞が確認できるようになったら、その糞の長さや太さにや色などに注目してください。

糞が太くて短かい場合は、栄養価が高い代わりに消化が悪い餌を食べていることを意味します。

逆に、細く長い糞をしている場合は、消化が良い代わりに栄養化が少なめの餌を食べてる証となります。

店長メグ
店長メグ

糞の色で緑色が強ければ、水槽内にしっかり植物プランクトンなどが増えて、メダカが捕食できているのかもしれませんね。

粗タンパク質が50%を超えるような、極端にハイカロリーな餌ばかりを与えて続けてしまうと、高い成長効果が期待される反面、消化不良をおこして病気になってしまうリスクが高まります。

逆に、餌の成分でタンパク質や脂質の含有が少ない低カロリーの餌ばかりに偏ると、栄養が足りずメダカが痩せたり産卵できなくなります。

店長メグ
店長メグ

成長と健康のバランスを考えることは大切なことです。

栄養価と消化の良さはトレードオフの関係にあり、糞の様子を目安にしながら、みなさまが期待する効果を目指して餌の種類を調整していく必要があるわけです。

店長メグ
店長メグ

以下の記事に餌の栄養価などまとめていますので、この記事と併せてご覧ください。

店長メグ
店長メグ

ハイグロウは栄養価が高い餌の定番で、私が知る限りブリーダーさんの愛用率が高い良い餌です。

逆に、メダカの舞のメンテナンスは消化吸収の良さを追求した、体調不良時に有効な餌の代表格です。

この二つは対極の存在です、栄養価が高いとそれだけよく太って早く成長しますが、逆に消化が悪くなり体調が悪いメダカに与えると、更に悪化させるリスクが高まります。

何事もバランスが大切ですよ!

産卵時期の餌について

産卵が始まる時期のメダカの餌の量は、1分程の短時間で食べきれる量を基準にすると安心です。

そして、1日何度でも2時間くらいの間隔をあけながら餌を食べさせてあげると、ふっくらとした体型に成長し卵の産みも良くなります。

このような給餌方法を飽和給餌といいます。

【STEP2】給餌の回数とエサの種類について

メダカは雑食性の生き物です。

天然のメダカや屋外飼育のメダカ達は、ミジンコやゾウリムシなどの動物プランクトン、ケイソウやクロレラなどの植物プランクトン、ミジンコ、ボウフラ、浮草などの植物、小さな昆虫など、様々な天然の餌食べて成長して行きます。

餌の基本知識

メダカの餌は水面に長く留まる浮上性の餌がおすすめです。

水槽に入れて眺めていただくとわかりますが、メダカの口は上向きについていて、水面の餌を食べることに適した体の作りになっています。

特に、産まれたばかりの針子や稚魚は、深く潜ることが苦手なので、浮いている餌しか食べる事ができません。

店長メグ
店長メグ

逆にメダカは水底の餌を食べるのが苦手です。

食べ残されて水槽の底に沈んでしまった餌は、水質悪化の原因になります。

ですから、餌の食べ残しがある場合は、速やかに取り除くようにしてください。

ただ、産卵を始めるくらいまで成長したメダカは、沈んでしまった餌も器用に水底をつついて食べますので、ある程度まで大きく成長すると、稚魚のころほどは食べ残しを気を遣わなくてもよくなります。

ただ、油断してあまりに餌が過剰になると、食べ残しが水質を悪化させたり、古い餌を食べたメダカが病気になる原因になりますので、給餌の際には注意してあげてください。

店長メグ
店長メグ

餌の食べ残しの放置はとても危険です。餌の量などについては以下の記事を併せてご確認ください。

餌の適量の見極め

通常1回に与える餌の量の目安は、1~2分以内で食べ尽くせる量を基本としてあげてください。

私は、基本的に〇分で食べ尽くす量という表現は好きではないのですが、(※飼育匹数や水温、過密状況などの情報が不明なので)、ただ表現をするとしたら短時間で食べる量に留める方が安心だと思います。

店長メグ
店長メグ

餌を与える量を5分前後という記事も見かけますが、メダカの餌は底に沈むものも多く、メダカは底の食べ残しをつつくのも苦手なので、さっと完食できる範囲が餌の量が安全だと思います。

目に見えて痩せてきたら別ですが、そうでななければ、意外に餌は少なくても問題はないと思います。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

餌を与えすぎて餌の食べ残しが出ると、飼育水が汚染されメダカの食欲が落ち、更に食べ残しが増えて餌残りが増えていく。

この状態を私は「餌残りの負のスパイラル」呼んでいて、餌のあげすぎはこの状態にに陥ってしまうことが多いです。

店長メグ
店長メグ

餌が不足しても、ただちにメダカが死んでしまうことはありません。

以上のことから、1回に与える餌の量を少なくして、できる限り回数を多く与える給餌方法が、メダカにとって最も優しい給餌方法と言えます。

私もメダカの安全のため、時間が許す限り1分で食べ尽くせるく量を、複数回に分けて与えるようにしています。

最初は餌の量の調整が難しいと思いますが、しっかりメダカが餌を食べている様子を観察しながら、食べ残しが底に沈まないように、少しずつ与えてあげて感覚を掴んでください。

店長メグ
店長メグ

手間を惜しまず、できる限り餌の食べ残しはスポイトで吸ってあげてください!

季節ごとの餌の量の調整

メダカは、温かい時期には活発に動き回りますが、涼しくなってくるにつれて活性が落ちはじめ、冬になって水温が5~10度以下に落ち込むと、冬眠に近い状態となり水底でじっと動かなくなります。

餌の量や回数もメダカの活性に合わせて変えていく必要があります。

春から夏、秋までの気温が高くメダカの動きが活発な季節は1日2~3回少なめに餌を与えてあげてください。

店長メグ
店長メグ

産卵中は何度でも食べたいだけ与えてOKです。

これを飽和給餌と言います。

10月を過ぎて気温が下がりメダカの活性が鈍ってきたら、餌の回数を1日1回程度に減らし1回の量も少なくしていってください。

そして冬が深まり、メダカがあまり動かなくなる時期には、餌を止めて春まで休ませてください。

餌を与えても水面に上がって来なくなったら、餌を止めるサインです。

餌をあげる時間帯

餌をあげる時間帯に明確な決まりはありませんが、1日に複数回エサをあげている時期には朝と夕に、そして1日1回の給餌の時期ならば朝に与える方が望ましいようです。

ただし、日没(室内であれば消灯)の2~3時間前に餌を与えてしまうと消化不良のリスクが上がりますので、夕方に餌を与える場合は日没の2時間前までには給餌を終わらせてください。

餌の種類について

メダカは市販の粉の餌以外にも、ミジンコやゾウリムシ・糸ミミズ・赤虫・ブラ イシュリンプなどの活き餌をよく食べます。

ミジンコやゾウリムシなどの生き餌は、飼育水内で生存しいつでも食べられる餌であると同時に、生きているので水底に沈んで腐ってしまう事も少なく、3分で食べきれる量という制限を受けないことが魅力です。
ただし、活き餌も生物なので、水槽内の環境が悪かったり、与えてから相当の時間が経過すると、死んでしまい水を汚してしまうので油断は禁物です。

店長メグ
店長メグ

何事も適量が大切です。

これらの活き餌は人工餌に比べて手が掛かり価格も高くなりますが、栄養価が高くメダカの成育にはとても良い選択です。

【STEP3】稚魚(針子)時期の餌について

産まれ3日以内の針子に餌は不要です

メダカの稚魚は成魚と少し給餌方法が異なります。

メダカの稚魚は、ヨークサックと呼ばれる栄養の入った袋をお腹に付けた状態で産まれてきます。

孵化したての稚魚は、このヨークサックの栄養が無くなるまでの約3日間、エサを食べる必要がないため餌やりは必要ありません。

孵化して4日目以降の給餌

孵化から3日が過ぎたら餌を与え始めてください。

針子はとても小さく食いだめもできません。

そのため、成長に十分な栄養を摂取するためには1日に複数回の餌を必要とするため、常に摂食できるグリーンウォーター(植物プランクトン)やゾウリムシ(インフゾリア)などの微生物を与えてあげると、成長も早いですし歩留り(生き残り)も上がります。

孵化してしばらくは微粒子の餌しか食べられないので、市販の餌で育てる場合は、大人用の餌をすりつぶしたものか、稚魚用の粒が細かい餌を与えてください。

STEP1でも書きましたが、稚魚は水中にもぐることが苦手で常に水面に浮いているので、稚魚用の餌は簡単には沈んでしまわないように作られています。

ゆっくりと時間をかけて、少しずつ稚魚は餌を食べていますので、食べていないからとすぐには片づけないようにしましょう。

ただ、稚魚の餌が古くなると、水面でそのまま水を含んで膨張し、食べられなくなりますので、餌が腐ってしまう前に水槽から取り出してください。

稚魚が1回で食べられる量は少なく、沈んだ餌も食べられないので、少ない量を何度にも分けて与えることが理想です。

店長メグ
店長メグ

ゾウリムシなどの種は通信販売でも手軽に購入できます。

活き餌について

加工されていない活き餌の中で、最も扱い易くて人気なのはゾウリムシです。

餌として与える時はスポイトなどで食べきれる量を与えてください。

ただし、生きているからといって与えすぎてしまうと食べ残しが水質悪化の原因になりますし、ゾウリムシの生き残りがメダカにストレスを与えたりすることもあるので注意してあげてください。

その他、ミジンコ、ブラインシュリンプ等も併用して稚魚に与えると、より生存率が高くなります。

グリーンウォーターは、コケや植物プランクトンが発生し、水の色が緑色に変化して見える水のことです。

排泄物や食べ残したエサに含まれる有害な物質を吸収して無毒化したり、植物プランクトンが直接稚魚の餌になるといった効果があり、稚魚の生存率をぐんと引き上げる効果があります。

たくさんの餌が必要な稚魚にとって、常に周りに餌がある環境は理想的です。

店長メグ
店長メグ

以下から、活き餌の記事をご確認ください。

最後に

ここまでメダカの餌について解説させていただきましたが、いかがでしたか?

単順に市販の粉の餌だけを使うのであれば、銘柄以外は悩むことも少ないのですが、少しでも色揚げ効果や歩留まり(生き残り率)などを向上させようと思うと、試してみることも、覚えることも増えていきます。

私も、最初はよくわからずに悩んでばかりでしたが、今では随分知識もついてきました。

今回は、私が学んだことが、みなさまのお役に立てればと思い書かせていただきました。

みなさまに、喜んでいただけると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

メダカの飼育方法について併せてご覧ください