メダカの稚魚(針子)飼育や活き餌の培養におすすめ生クロレラの使用濃度や使い方/その効果やメリット・グリーンウォーターとの違いや代替になり得るかを考察

店長メグ
店長メグ

みなさまは、秋から春先までどのようにしてグリーンウォーターを確保していますか?

室内で繁殖をされる場合でも、グリーンウォーターがあるだけで稚魚の生き残りが随分違うと思いますが、冬の期間にグリーンウォーター手に入れるのって難しいですすよね。

私は、照明や温度をアレコレ工夫して、室内で安定してグリーンウォーターを作ることにチャレンジした時期もありましたが、今は生クロレラを代替え品として使用しています。

生クロレラってグリーンウォータの代替え品になり得るのでしょうか?

今回は生クロレラのメリット・デメリットについて解説をさせていただきます。

秋から早春にかけての気温が低く太陽光が弱くなる時期は、どうしてもグリーンウォーターを維持することが難しくなりますよね。

グリーンウォーターでの飼育には朱赤の色揚げなど様々なメリットがあるので、できれば年間を通してグリーンウォータを維持したいのが本音。

それにグリーンウォーターが手に入らないと、ミジンコが培養できないし、稚魚の歩留まりも落ちてしまって大変ですよね。

そこで、グリーンウォーターの代替え品として登場するのが市販の「生クロレラ」です。

市販の「生クロレラ」は、値段もそこそこしますし、使用についても賛否両論あって導入を迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、「グリーンウォーター」と「生クロレラ」のメリット・デメリットについて検証ていきたいと思います。

【STEP1】グリーンウォーター飼育ついて

グリーンウォーターの特徴とメリット

店長メグ
店長メグ

グリーンウォーターは、メダカの飼育水が自然に緑色に変色した状態を指す言葉で、水中に大量の植物プランクトンが発生しているので緑色に見えます。

メダカのフンなど有機物が水中に増えると、有機物が分解され有毒なアンモニアなどに変質します。

これが、メダカが衰弱してしまう原因になります。

ところが、グリーンウォーターで飼育していると、有害物質の一部を植物プランクトンが栄養として吸収するので、水を浄化する効果が期待できます。

また、植物プランクトンが直接メダカの餌になるだけでなく、ゾウリムシやミジンコの餌にもなり、自然に水槽内に食物連鎖が産まれることもメリットです。

店長メグ
店長メグ

メダカにとってグリーンウォーターは、食料であり、畑であり、養殖場なのです。

また、植物プランクトンは文字通り植物ですので、光合成によって水中の二酸化炭素を酸素に変えてくれる効果も期待できます。

まさにグリーンウォーターは、メダカ飼育において万能選手なんです。

グリーンウォーターと雨

グリーンウォーターで飼育している水槽に、大量の雨が降り込むと、緑色がさめて水が澄んでしまうことがあります。

この状態をよく観察すると、水が澄むだけではなく、底に濃い緑色の堆積物が発生していることに気が付くと思います。

これは、植物プランクトンの死骸で、そのまま放置すると有害になりますので、水換えもかねて一緒に飼育容器から吸い出してください。

これを防ぐためには、波板などを利用して、メダカの水槽に雨が降り込まないようにする工夫が必要があります。

メダカにとって雨は、急激に水温を下げて、水質を酸性にし、グリーンウォーターをダメにしてしまう、謂わば天敵なんです。

アオコとの混同に注意

アオコとは、水面に浮遊性藍藻が大量繁殖している状態です。

見た目がグリーンウォーターに似ていることが問題で、アオコはメダカやエビに有害な毒素を出す上、水面を覆って植物プランクトンの光合成を妨げる悪者ですが、発生しても気付きにくいんです。

グリーンウォーターとアオコの一番の違いは悪臭です。

基本的にグリーンウォーターは臭いませんが、アオコは強い刺激臭がありますので、もし強い臭いを感じたらアオコの可能性があります。

できるだけ速やかに水槽をリセットしてください。

その他グリーンウォーターの注意点

グリーンウォーターのデメリットの1点目は、飼育水が緑色に濁るため、水槽内の観察が難しくなり、ヤゴなどの捕食者を見落としたり、フンや食べ残しのエサの堆積が発見し辛くなることが挙げられます。

2点目は、植物プランクトンが日中に光合成をして、二酸化炭素を吸収し酸素に変えていくことをメリットで記載しましたが、実は日が沈むと植物プランクトンは酸素を消費します。

そのため、グリーンウォーターが濃い=植物プランクが多すぎると、逆に夜間の酸欠の原因になってしまします。

グリーンウォータの作り方

グリーンウォーターの作り方におついては、以下の記事をご参照ください。

ただ、夏場であれば、太陽の下に飼育水を数日放置するだけで、グリーンウォーターはしっかり仕上がりますのでご安心ください。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG