【梅雨~夕立】私が雨の日に屋外飼育のメダカに餌やりをしない理由/消化不良と水温ショックと水質悪化のリスク

店長メグ
店長メグ

みなさまは、雨の日のメダカの餌やりはどうしていますか?

雨に濡れたくないとか、そんな乙女な心は置いておいて・・・

私も随分と悩んだのですが、今は雨の日に無理して餌をあげないようにしています。

理由は様々ありますが、一番はメダカは急に水温が下がると食欲が減る上に、消化不良を起こしやすい印象があるからです。

今回は、私が雨の日に給餌を控える理由と、具体的な「長雨の対応方法について解説をさせていただきます。

【STEP1】雨の水温変化について

店長メグ
店長メグ

夏場のメダカの飼育容器の水温は、おおよそ25℃~35℃くらいですよね?

西日がきつくて水温が35℃を超えてくると、さすがにメダカの体調が心配なので、遮光をするなど水温対策が必要になります。

季節や地域にもよりますが、春から秋にかけての雨の水温は、陸上付近で平均で5℃と言われています。

ですから、梅雨の長雨や夏の夕立が水槽に降り込むと、水温が30℃前後から最悪は5℃付近まで急激に下がります。

その様な時、メダカは急な水温の低下でショックを受けて弱っているので、うかつに餌を与えてしまうと、体力低下に起因した消化不良で死んでしまうかもしれません。

店長メグ
店長メグ

ですから、私は大雨や急に雨が降り始めた時には、無理に餌を与えないようにしています。

【STEP2】連続で雨が続いたらどうしたらよいですか?

店長メグ
店長メグ

魚は数日餌を与えなくても大丈夫です。

(最終的には自己責任でお願いしたいのですが、)私の場合は、採卵中や増体中の若魚を除き、雨の間2日~3日は餌を与えない事があります。

雨が続くと言っても、小雨程度や軽い雨のあと晴れ間が見える日もあると思います。

その様な時は無理に餌を切るのではなく、臨機応変に給餌を行っていただいければと思います。

私は、水槽の水が溢れるような雨かどうかを判断基準にしています。

水量が増えない程度の雨であれば、餌を与えても問題ないのかなって思います。

店長メグ
店長メグ

そうですね。

私は、じゃぶじゃぶ大雨が降るような日や、その翌日の水質が激変しているのに、水換えが追い付いていない時・・・

その様な時には、無理して餌をあげないようにしています。

でも、シトシト小雨が続くような程度なら、悩まず消化に良い餌を少量与えるようにしています。

店長メグ
店長メグ

消化に良い餌は「めだかの舞メンテナンス」がおススメです。

定期的に水温を測ると確実です

雨の量だけじゃなく、水槽に常時浮かべている水温計も判断材料にしています。

大雨が降って餌の有無を悩んだら、できれば水温計で水温を確認するようにしてください。

私は、5℃以上水温が急変したら餌を控えるようにしています。

店長メグ
店長メグ

特に高額な水温計でなくても大丈夫です。

全ての水槽に入れておくのがベストですが、予算の都合もあると思います。

その場合は、日当たりとか風の具合とか、環境が似ている水槽後ごとに、代表の水槽でまとめて管理しても大丈夫です。

餌の食べ残しにも注意が必要です

店長メグ
店長メグ

雨の日は、水面をたたく雨の影響や、水温の変化といった様々な影響で、メダカの食欲が減っている可能性があります。

また、雨の波紋で餌の食べ残しの確認もしにくい上に、餌も沈みやすくなります。

餌の食べ残しを増やさないためにも、雨が続いている時期の餌やりには注意が必要です。

大雨が続いたら水換えを励行してください

店長メグ
店長メグ

大雨が続いたら、酸性雨の影響で飼育水のphが弱酸性に傾きます。

また、植物プランクトンが死んで死骸が沈殿したり、ろ過バクテリアが流れ出て減ったりと、水質が悪化しやすい環境になっています。

ですから、雨のあとは水換えをした方が安心ですよ。

最後に

繰り返しになりますが、雨の日に餌を与えない理由は、冷たい雨で水温が急激に低下すると、メダカが消化不良を起こしがちだからです。

逆を返せば、水温にそれ程変化がなければ餌を与えていただいても問題ありません。

もし、餌をどうしようか悩んだら、水温を計ってみるの方が良いかもしれませんね。

そして、雨が続いたらしっかり水換えもしてあげてください。

この記事が、みなさまのお役に立てると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。