【これで解決】メダカが一匹ずつ死んでいってしまうときにするべき唯一の事/ポツポツ死から回復するために実施すべき対策

店長メグ
店長メグ

みなさまは、メダカがポツポツと死に出して止められずに悩んだことはありませんか?

何日も何日も原因が分からないまま、メダカが死んでいくのを見送る生活って苦しいですよね。

私がメダカの飼育を始めたばかりの頃は、何度も何度もポツポツ死が止まらないことがあって、とても悩まされました。

こんなときって、どうしたらメダカたちの死を止められたのしょうか?

ある日を境にポツポツとメダカ死に出して、その流れを止められないままに全滅させてしまった経験はありませんか?

今回は、毎日メダカが死んでいく時に何を優先すべき対応なのかについて、詳しくご説明させていただきます。

店長メグ
店長メグ

半日から1日でいきなり全滅するようなケースは、アンモニア中毒などこの記事とは別の原因が考えられます。

もし、いきなり全滅でお悩みの方は、この記事を読む前に以下の記事をご参照ください。

【STEP1】メダカが死んでしまう最大の原因は水質の悪化

店長メグ
店長メグ

いきなり結論ですが、ポツポツメダカが死んでしまう時、最大の原因はほぼ間違いなく水質悪化です。

もっと言えば、アンモニアなどの有害物質が、大量に溜まっている可能性が大です。

ポツポツ死が始まったら悩まずに、すぐ水を換えてメダカへのダメージを最小限に留めることが生き残りの唯一の道です!!

様々な情報に惑わされず早く水替えをしてあげてください

水替えに関しては、ネットやYOUTUBEなどで、様々な情報を得ることできます。

私もこのブログサイトの中でphやアンモニア、バクテリア、水質ショックなど水替えに関する様々な記事を書いてきました。

それらの記事にある水替え時の注意情報が、みなさまの水替えを心理的に中途半端にした結果が、メダカのポツポツ死が止まらない原因になっていることが多いと思いように思います。
店長メグ
店長メグ

本当に危険な時には、大幅な換水か水槽のリセットを行う思い切りが肝心です。

水替えの詳細については、以下の記事をご参照ください。

本当に原因は水の汚れだけなの?

店長メグ
店長メグ

本当に原因は水替えの不足だけなの?そう思う方も多いのではないでしょうか?

「phが適正値でないから」や「カルシウムが不足しているから」「餌からでるリンが原因」など、飼育水の成分を気にされる記事をよく見かけます。

しかし、普通に水道水で飼育している限りは、多量の雨の振り込みやphを誘導する用品の使用を除くと、よほど水が汚れない限り、極端にメダカの苦手なphになることはありません。

店長メグ
店長メグ

水質が全く異なる水を大量に注ぎ込むなど、極端な水質ショックを与える行為は別ですが、徐々にphが変わる程度はポツポツ死の原因として考えにくいです。

ただし、ph変化の原因が水質悪化であれば別です。

店長メグ
店長メグ

メダカであれば弱アルカリ性に水質を調整することは大切です。

でも、水質悪化以外でphが弱酸性に変化したくらいではポツポツ死は起きないと思って問題ありません。

※雨が大量に降り込むと水質が弱酸性に急変することはあります。これは良くないので雨対策は大切です。

店長メグ
店長メグ

メダカはビーシュリンプみたいに脱皮不全を起こすこともないので、カルシウム不足でいきなり死んでしまうことは考えにくいです。

これも、人間がカルシウムが不足して骨折しやすくなることはあっても、それだけでは突然死なないのと同じです。

ただし、不注意で何か有毒物質が飼育水に混ざった場合はこの限りではありません。

店長メグ
店長メグ

コロナ禍でアルコール消毒が徹底された影響で、メダカ掬いのメダカが弱りやすくなったという噂を聞いたことがあるので、念のため消毒直後は水槽に手を入れないように注意してください。

【STEP2】ポツポツ死時の水替え方法と考え方

私はポツポツ死が始まったら一気に1/3以上の換水を行っています。
そして、翌日も調子が悪ければ更に1/3交換します。

メダカが弱っていて水替えのショック死が心配されるときは、思い切って新しい水槽に時間を掛けてゆっくり水合わせをして移動させる方法が安全です。

なんで何度も水を換えるんですか?

店長メグ
店長メグ

言葉だけでは難しいので図解でご説明します。

黄色の粒がアンモニアなど有毒物質だと思ってください。

そして、アンモニアなどの有毒物質は限りなく0であることが原則です。

その視点で下の図を見ていただけると、たとえ1/3の換水を実施しても、酷く汚れてしまった水は一度の換水では綺麗にならないことがイメージしていただけると思います。

ですから、回復するまで数回水替えを繰り返すことが必要になります。

店長メグ
店長メグ

一回の換水だけでは、水が綺麗にならないことがご理解いただけますか?

店長メグ
店長メグ

有害なアンモニアは目に見えません。

ですから、それをアンモニア検査薬で可視化したり、メダカの泳ぐ様子など経験的に判断しながら、水替えを継続するか判断する必要があります。

私は勘や感覚に頼って全滅の道を歩むのは嫌なので、積極的にアンモニア検査を取り入れています。

店長メグ
店長メグ

アンモニア検査をした結果、水質悪化の状況が深刻な場合は、何度も水替えを繰り返すよりも、思い切って新しい水槽へ優しく引っ越す方が安全な場合もあります。

いっぺんに水を換えたらphや温度の変化が危険ではないのですか?

店長メグ
店長メグ

確かに水質や水温の急激な変化はメダカにとって大きな負担です。

でも、メダカにとっての飼育水は私たちにとっての空気と同じ。

水質ショックを恐れて水替えを恐れることは、部屋中に毒ガスが充満しているのに、外の空気が冷たいから風邪をひくと言って換気をしないのと同じです。

それってあり得ないですよね?

水質ショックやphショックは「風邪をひかせて大病の原因を作らないでね!」という話で、アンモニアが増え過ぎているは「ガス漏れです!早く逃げなさい!」みたいなレベルの話です。

他の記事でも書いてきましたが、メダカに優しい安全な水替えをするために注意すべきことは沢山あります。

私自身、いつも雑な水換えは危険ですよとブログでも公言しています。

ですがそこは優先度の問題で、確かに雑な水換えはメダカにとって負担ですが、有毒物質の中で過ごすリスクに比べたら、少々のショックは問題になりません。

逆に言えば、それだけアンモニアや亜硝酸の有毒性はメダカにとって死に直結しているとお考え下さい。

水質ショックを最小限に留めるために貯め水や点滴法を活用してください

店長メグ
店長メグ

水質ショックは、いきなり水槽の水が入れ替わることで起こります。

ですから、

①点滴容器を使用して少しずつ優しく注水を行う

②前日から貯め水をして水温を同じにしておくなどの工夫で、水質ショックを最小限に留めることができます。

店長メグ
店長メグ

ここまでの話は凄く大切なのでご理解をお願いいたします。

メダカが弱っているかはどうやって判断しますか?

店長メグ
店長メグ

メダカが元気な時は、常に餌を追い求めて水中を俊敏に泳いでいます。

店長メグ
店長メグ

体調が良い=食欲いっぱい=元気に餌を探して泳ぎ回る

逆に、不調=食欲不振=餌を探さない・具合が悪くて底で動かないです。

店長メグ
店長メグ

これが元気なメダカの見本です。

この動画のような俊敏さがなくなり、泳ぎが遅かったり、泳がずに止まっているのは、体調が悪くなり食欲を失っている証拠です。

店長メグ
店長メグ

私が焦るくらい動きが悪くなった見本です。
ここまで動きが緩慢になったら、慌てて水替えを実施しています。

ちなみに、モデルのメダカは河口湖めだかさんから直接いただいた煌めきpart1で、今でも元気に累代しています。

水温が低くもないのに、メダカが底の方に固まっていたり(怯えている場合もありますが)するのも不調の証ですし、上下に激しく泳いでいる時はアンモニアが増え過ぎている場合の典型的症状です。

店長メグ
店長メグ

できれば、すぐにアンモニアチェックを行い状況の深刻さの把握をしてください。
極端にアンモニアが多い場合は、水替えでなく水槽の引っ越しをするほうが確実で安心です。

検査薬がない場合は、速やかに水替えを実施して、継続して観察に努めてください。

日々の観察が大切です

日々の観察で、どのくらいの泳ぎが元気100%なのかを把握して、少しでも泳ぎが遅くなったり、数匹でも水底に潜る時間が長い個体が増えたなど、水質悪化のサインを見抜く観察眼は大切です。

また、アンモニアの検査薬を用いて、新しい水槽は定期的に検査することも有効な早期発見の手段です。

店長メグ
店長メグ

ここまで、メダカの泳ぎを見て経験と感覚で判断してねって書いてきましたが、飼育経験が少ない方には難しいですよね?

私も色々書いていますが、勘が外れることもありますから、種親だけは定期的に検査薬でアンモニアチェックをしているんですよ。

試薬で検査をするようになってからは、ポツポツ死に陥ることも殆どなくなりました。

店長メグ
店長メグ

検査薬は、試験紙タイプより1セットで約60回も使えて、色の変化が明確でアンモニア濃度が把握しやすい、液体タイプの検査薬がコスパがいいのでおススメです!

これを買うだけで何十匹ものメダカの命を守れると思えば、決して高くはないと思います。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG