【不器用な方でも超簡単】メダカの水換え(水替え)や水合わせにDIY(手作り)点滴容器の作り方/稚魚やミジンコの水替えにも最適です

店長メグ
店長メグ

みなさまは、メダカの水換えをする時は、どんな風に注水をしていますか?

大きなトロ舟は手間なのでジャブジャブっと注水するのも仕方がないですが、小さな容器にジャブっと新水を入れると、さすがにメダカの負担が大きいので配慮が必要です。

特に稚魚の水換えは、いっそう水質変化のダメージに気を使う必要があります。

そのためには、どのように対策をしたらよいのでしょうか?

みなさま、メダカの水換えで注水をする時には、どのようなやり方をしていますか?

トロ舟のように何十リットルもの水量がある容器でしたら、少々ジャブっと注水しても問題ないと思います。

でも、バケツ程度の小さな容器にジャブっと新水を注水すると、メダカに大きな負担を与えて弱らせてしまうリスクがあります。

特に、水質変化に敏感な稚魚の水換えでこれをやってしまうと、致命的かもしれません。

店長メグ
店長メグ

そうならないためには、私たちはどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単!点滴容器を作ったらいいんです。

そこで今回は、私が優しく注水をするために手作りしている、点滴容器の作り方を解説していきたいと思います。

この記事が、みなさまのメダカライフのお役にたてたら幸いです!

【STEP1】点滴容器作りに必要な道具

店長メグ
店長メグ

ベースの容器は100円均一の容器で大丈夫です。

その他、写真の道具を揃えるだけで準備は万端。

お手軽かつコスパもいいので、道具が揃えば何個でも作れますよ!

具体的に必要な道具

点滴容器作成に必要な道具


①適度なサイズで穴あけができるプラスチックの容器

②5mmと5.5mmのドリルのビット

③エアホースのコネクター

④流量調整用のコック(必須ではありません)
店長メグ
店長メグ

STEP2に作り方をまとめていますが、できあがりはこんな感じです。

私の経験ですが、容器の壁面が薄いと、シリコン接着剤などを塗って水漏れ対策をする必要があります。

厚手の容器なら、水漏れ加工なしでも大丈夫な場合が多いので簡単です。

どうしても水漏れ対策が必要な場合は、100円均一のお風呂用接着剤などを容器の表側に塗ってください。

店長メグ
店長メグ

このような薄手の容器を使うと、どうしても水漏れしがちで対策が必要になります。

ちなみに、これは販売用に作ったものなので、真面目に接着剤でシーリングをしています。

店長メグ
店長メグ

このような厚手の容器なら、水漏れ対策をしなくても、コネクターがグッと食い込んで水漏れしにくいので簡単です。

【STEP2】具体的な作り方について

具体的な作り方

店長メグ
店長メグ

作り方は超簡単です!

穴あけは、インパクトドライバーがあると便利です。

でも、プラスチック製ならインパクトがなくても、手でドリルビットをグリグリ回すだけで、簡単に穴が開きます。

エアホースコネクターの外径は、テーパー状の約5.5mmなので、先に5mmのビットで穴をあけてみて、穴がきつかった場合に5.5mmのビットで拡大すると失敗がないです。

写真のようにビットを手にもって、グリグリ回してみてください。

店長メグ
店長メグ

穴が開いたらコネクターを容器の内側から差し込んでください。

コネクターはテーパー状なので、内側から刺す方が水圧で食い込んで抜けず、水漏れもしにくいです。

店長メグ
店長メグ

私は内側に出っ張らないので、L字型を愛用しています。

店長メグ
店長メグ

ここで、もう一度完成イメージです。

この状態で水を出してみて、流量が多いと感じたら、ホースの途中にコックを挟むと調整が可能になります。

私は成魚用はコックなし、針子用にはコックを挟んで流量調整をしています。

最後に

店長メグ
店長メグ

手間が掛かるのは穴あけ加工だけなので、普段DIYをしない方や、非力な女性でも簡単です。

是非チャレンジしてみてください!

この記事がみなさまのお役に立てると嬉しいです。