室内飼育でメダカの水換えは毎日しないといけないの?水換タイミングの見極め方!全部換えるの?やり方は?

店長メグ
店長メグ

メダカに限らず魚にとって水は、人間にとっての空気と同じくらい大切です。

私たちが、空気が汚れたら換気をするように、メダカたちも水が汚れたら水換えをしてあげないといけません。

みなさん、大なり小なり毎日換気をしますよね!?

では、メダカの水換えも毎日する必要があるのでしょうか?

今回は、水換えのタイミングの見極め方について解説していきたいと思います。

店長メグ
店長メグ

この記事は、ベアタンクと言って砂利などを敷かない容器での飼育を前提に書いています。

ろ過フィルターや砂利などを敷いて飼育している方は、生物ろ過(バクテリアによる水の浄化)が効いているので、参考程度にご覧ください。

また、ろ過フィルターを使用していても、なんだかエアレーションの泡切れが悪いなと感じていたら、ろ過不足の可能性があるので、この記事を目安に水換えを増やした方が良いかもしれません。

室内飼育で水換えは毎日しないといけないの?

店長メグ
店長メグ

結論から言うと、本当は毎日水換えをしたいのですが、メダカのストレス軽減のために数日おきに留める方が安心です。

店長メグ
店長メグ

まさか!と思われるでしょうが、たった1日で水は汚れます。

上の画像は、1リットル水槽でメダカを2匹一晩飼育した水を、アンモニア検査した結果です。

このアンモニア濃度は、すぐにはダメージがないけれど、長期間は危険だよってレベルです。

たった一晩でここまで汚れるので、毎日水換えしたくなる気持ちもご理解いただけますよね?

メダカは水の汚れに強いので、例え水が汚くても数日は元気に泳ぎ回ってくれます。

そのため、メダカが元気がないと気が付いた時には、既に致命傷までダメージを負っていることが多いです。

それを防ぐため、勘ではなく試薬を用いた確実な検査をおススメしています。

店長メグ
店長メグ

確実に水の汚れを確認するために「アンモニア」や「ph」の検査薬を揃えておく方が安心です。

私はも長くメダカを飼育していますが、(メダカは元気なフリをするので)勘に頼り過ぎないように注意しています。

2週間に1回程度を目安に、定期的に検査をしてあげると安心です。

先ほども書きましたが、メダカの水換えは人間にとっての換気です。

であれば、毎日しっかり全換水をした方が健康に良さそうですよね。

なぜ、それが分っていて毎日しないのでしょうか?

水換えは大切ですが、過剰になるとデメリットになることがあります

店長メグ
店長メグ

メダカに限らず殆どの魚は、水質が急激に変化すると、変化に耐えられずダメージを受けてしまうことがあります

※ここでの水質とは水温やph、汚れ具合などを指します。

そこで、本音は毎日水換えをしたいのですが、メダカのストレスやダメージを軽減するために、換水を2日~3日おきに留めているのです。

何事もバランスが大切だと思います。

数週間換えていない水をいきなり換えることもダメージの原因になります

店長メグ
店長メグ

特に長期間換えていない水を換水するときは、水質の変化に配慮が必要です。

何日も水換えをせず放置をしていると、まず最初にアンモニアが増え、そしてアンモニアが亜硝酸に変化し、徐々に水質が弱酸性に変わっていきます。

そして、弱酸性に変わった古い水から、いきなり中性の水道水に換水すると、水が綺麗になるのは良いのですが、水質の変化が大きくメダカがダメージを負いやすくなります。

店長メグ
店長メグ

特に、水換えの間隔があいてしまった場合は、点滴容器などを使ってゆっくり注水すると安心です。

以下に点滴容器の作り方の記事を載せておきます。

水換えの間隔が空くほど、古い水と新しい水の差が大きくなります。

そして、換水前の古い水と、新しく注水する水に差が出ると、メダカはその変化に順応できずダメージを受けてしまいます。

ですから、私はショック対策の一つとして、まめな水換えを励行しています。

水換えをするなら少量をこまめにが安心です。

ですから、私のところでは2日~3日に1回のペースで1/3程度の水換えを行っています。

店長メグ
店長メグ

2日間隔と3日間隔に違いはあるの?と思いますよね?

これにはちゃんと理由があって使い分けをしています。

水換えの2日おきと3日おきはどうやって決めていますか?

店長メグ
店長メグ

判断は簡単です。

産卵させているメダカは飽和給餌といって、たくさん餌をあげるので2日に1回。

産卵させてないメダカは餌が少な目なので、3日に1回水を換えるようにしています。

私は水道水のカルキ抜きに、観賞魚用の浄水器を使用しています。

ですが、浄水器を通していても、水温はしっかり合わせたいので、基本は一晩以上汲み置いた水を使用するようにしています。

店長メグ
店長メグ

これは屋外の飼育場の動画です。

エアレーションの泡が消えずに長く残るでしょ?

これ、水が傷んでいる目安なんです。

水中にタンパク質などの有機物が増え、富栄養化(水が汚れている状態)が進むと、エアレーションの泡切れが悪くなります。

富栄養化とは

水槽の中には、常に食べ残しや糞などの栄養分があります。

そして、それらから排出された「窒素」や「リン」を、植物プランクトンなどが消費することで、水中の栄養分のバランスが保たれています。

でも、餌の食べ残しが増えて栄養分(窒素やリン)が増加したり、室内で植物プランクトンがわきにくいと、栄養が消費されずに過剰となり、水の「富栄養化」が進みます。

もし、エアレーションの泡が割れにくいなど「富栄養化」を示す兆候があれば、泡切れが良くなるまで毎日1/3程度の水換えを繰り返してください。

「富栄養化」の時だけは、緊急事態なので毎日水換えをする方が安心です。

ろ過バクテリアを増やして水換えを減らす方法もあります

微生物が増えやすい屋外飼育では、時間を掛けて水を準備することで、十分にろ過バクテリアが増え、水質が安定しやすくなります。

ですから、外飼いは室内飼育に比べると、水換えを減らすことができます。

ただ、私の飼育場はメダカの出入りが多く、手狭で過密気味なので、あまりバクテリアに頼らないようにしています。

店長メグ
店長メグ

ろ過バクテリアについては以下の記事をご参照ください。

最後に

ここまで、私流の水換え頻度について説明させていただきましたが、いかがでしたか?

室内飼育は、容器が小さい上に、植物プランクトンや微生物がわきにくいため、富栄養化が進みやすく、屋外飼育以上に水換えが大切になってきます。

また、水は直ぐに汚れるので毎日水換えをしたいのですが、メダカのストレスにならないための配慮も必要です。

水換えは「頻度」と「水合わせ」その辺りの加減が大切だと思います。

室内飼育が難しい理由はこの辺りにもあるかもしれませんね?

この記事がみなさまのお役に立てると嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。