【侮ってはダメ】メダカが好きな水質とは!/最適な弱アルカリ性の水質の作り方や改善方法/必要なのは牡蠣殻?赤玉土?砂利?を解説します

店長メグ
店長メグ

みなさま、メダカが好きなphってご存じですか?

そうそう、phは酸性とかアルカリ性とかってやつです!

水質を表す代表的な指標としてphや硬度などがあります。

先に答えを言うと、メダカは弱酸性から弱アルカリ性(ph6.5~8)の軟水(ミネラル分が少ない水)を好むと言われています。

それってそんなに重要ことなんでしょうか?

今回はphを中心に、メダカの好きな水質とその重要性について解説させていただきたいと思います。

みなさまは、メダカが好きなphをご存じですか?

メダカを飼育するうえでphってそんなに大切な事なのでしょうか?

今回は、phを中心に水質と水質維持の大切さについてご説明をさせていただきたいと思います。

【STEP1】なぜphの好みが分かれるのですか?

店長メグ
店長メグ

phは水素イオンの濃度を計測したもので、結果によって酸性とかアルカリ性などと呼称されます。

でも、なんで弱酸性が好きな魚と、弱アルカリ性が好きな魚がいるんでしょうか?

酸性が好きな魚の生息地

店長メグ
店長メグ

ドキュメンタリー番組でしか見れないような、こんな感じの泥が舞ってる河川をイメージしてください。

赤玉土や鹿沼土もそうですが、土って酸性示すものが圧倒的に多いんです。

ですから、上の写真のような大きくて泥が舞って茶色に染まったような川の魚って、先祖代々弱酸性の水で生きてきたんです。

ですから、ネオンテトラをはじめとした熱帯魚の大半は弱酸性の水質を好みます。

アルカリ性が好きな魚の生息地

店長メグ
店長メグ

日本でも見かけるような風景ですよね。

こういった川は石や貝殻から溶け出したミネラル分で、水質は弱アルカリ性になります。

ご想像できると思いますが、だから金魚やメダカは弱アルカリ性の水質を好むんです。

意外ですが、グッピーも弱アルカリ性を好む魚なんですよ。

だから好きなphで飼育することは大切

店長メグ
店長メグ

魚が好きなphに調整するってことは、魚が生まれ育った環境に近づけるってことなんです。

私たちも、他の誰かの勝手な都合で、いきなり砂漠やジャングルへ移住させられたら、なかなか環境に適応できず、病気になって死んでしまいそうですよね?

phを調整することは、メダカに健康に生活して貰うための、優しさというか思いやりなんです。

phを合わせることは、魚が生まれ育った環境に水槽内を近づけることで、魚を飼育するうえでは基本中の基本なんです。

上級者がこだわってやる上級テクニックと思って油断していたら、魚が健康を害して死んでしまう原因にもなりかねませんので注意が必要です。

店長メグ
店長メグ

メダカに限らず、アクアリウムの生き物を飼育する場合にph合わせは絶対に必要とお考え下さい!

メダカの好きなphって

店長メグ
店長メグ

メダカは弱酸性から弱アルカリ性(6.5~8)まで幅広く対応できる魚と言われてますが、個人的にはph7~8の弱アルカリ性の方が調子が良いように感じています。

私が訪れたことがある天然のメダカの生息地の池や、飼育容器で綺麗にグリーンウォーターになった飼育水でphを計測すると7.5~8以上の値を示します。

ですから、ご先祖が生まれ育った川のphに合わせる=弱アルカリ性が適正と考えています。

店長メグ
店長メグ

上記のように書きましたが、枯葉がたまったような側溝は弱酸性を示す可能性もあります。

そういった意味でメダカはph耐性が強くなったのかもしれませんね!

【STEP2】どうやってphを調整するのですか?

店長メグ
店長メグ

ph調整って、実は超簡単ですよ!

最初の弱酸性と弱アルカリ性の川の風景を思い出してください。

phを調整することは、魚が生まれ育った環境を作り出すこととご説明しました。

まさに、そこに答えがあって、水質を弱酸性に誘導するなら泥(土)を、弱アルカリ性に誘導するなら石を水槽に入れたらいいんです。

店長メグ
店長メグ

答えは簡単。

弱酸性にしたいときはソイルや赤玉土、弱アルカリ性にしたいときには砂利を水槽に入れたらいいだけなんです。

店長メグ
店長メグ

ここで疑問に思いませんか?

なぜ、弱アルカリ性が好きなメダカへ赤玉土をろ材として使用できるのでしょうか?

店長メグ
店長メグ

メダカはph変化に耐性がある、徐々にphを変化させてあげるとある程度は順応してくれるんです。

ただ、下にも書いていますが、飼育水がグリーンウォーターになると水質は弱アルカリ性に変化します。

また、この辺りの理屈がしっかりわかっている方は、赤玉土に水質をアルカリ性に誘導する効果がある牡蠣殻を混ぜていることが多いです。

※牡蠣殻は酸性雨対策にも最適です。

phを維持するために追加で考える必要があること

水道から出てきた水は、厳密には弱弱アルカリ性で全国平均がph7.3くらいだったと思います。

そこに、ソイルや砂利をレイアウトして水質を弱酸性や弱アルカリ性に誘導するのですが、以下のような後天的な条件で時間とともにphが変わってしまいます。

①水が汚れた⇒酸性へ誘導される

②雨が降りこんだ⇒酸性へ誘導される

③グリーンウォーターになる⇒アルカリ性へ誘導される

店長メグ
店長メグ

ですから、定期的にphをチェックして調整をしてあげてください。
確実なphチェックのために、phチェック用の試薬を持っておくと安心です。

私はリトマス試験紙よりも、液体の試薬の方が

①色変化がわかりやすい
②コスパがいいの2点で以下の試験試薬をおすすめいたします。

【STEP3】水槽立ち上げ後にphを調整する方法

酸性に誘導したい場合

店長メグ
店長メグ

ソイル飼育で水質が弱アルカリ性に傾くケースは、水質をアルカリ性に誘導しているレイアウト素材を見つけて撤去するのが一番です。

貝殻とか、石、砂利などを入れていませんか?

上記でない場合で、一番簡単な方法は市販のph降下剤を使用する方法が簡単です。

アルカリ性に誘導したい場合

店長メグ
店長メグ

アルカリ性誘導したい場合は、

①水質悪化で酸性に傾いている場合があるので、第1に適切な水換え。

②それでも酸性に傾く場合は、水槽内にソイルや赤玉土など土成分がないかを確認し、それでもダメな場合は牡蠣殻を添加する方法が簡単です。

店長メグ
店長メグ

弱酸性の水をいきなり弱アルカリ性に誘導すると、急性のアンモニア中毒を起こす場合があります。

万が一のメダカの全滅を避けるため、念の為に以下の記事をご確認ください。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG