【心配解消】稚魚成魚問わずメダカの屋外飼育における暑さ対策とその重要性について/メダカの衰弱死を防ぐメソッド

店長メグ
店長メグ

皆さま、夏のメダカ飼育で暑さ対策は万全でしょうか?

私が『アクアショップめだか屋SUN』を創業して数年が経ちますが、今の設備が整うまで本当に店頭の暑さ対策で悩み続けました。

床がコンクリ―トなのもあって、真夏の水温30℃越えは普通で、お湯みたいになる事もしばしば。

メダカは高水温に耐性があると言われていますが、それでもずっと水温30℃越えが続いたり、瞬間的に40℃を超えるような日があると、簡単に弱って死んでしまします。

今回は本当に悩ましい、夏の暑さ対策についてご説明をさせていただきます。

皆さま、メダカを飼育していて夏の暑さに悩まされた経験はありますか?

屋外飼育をされている方でしたら、夏に水温が上がってメダカが全滅なんて経験が多いのではないでしょうか?

朝まで元気に餌を食べていたメダカ達が、夕方に突然全滅していたらショックで座り込んじゃいますよね。

実は水温が上がって全滅する原因は

①高い水温や酸欠

②急性のアンモニア中毒

の2ケースが考えられます。

今回は①高い水温や酸欠を解消するための、暑さ対策についてご説明をさせていただきます。

店長メグ
店長メグ

②急性のアンモニア中毒について対策を知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

お役に立てると思います。

【STEP1】夏場の日向に水量が20リットル以下の黒容器は危険です

店長メグ
店長メグ

夏場に水量が20リットル以下の黒容器を屋外に放置すると、簡単に水温は40℃を超えてくるので危険ですよ。

この写真はお店を始めて2回目の夏の風景です。

最初の年は日除けがなかったので、本当に水温上昇で苦しみました。

定番の飼育容器NVボックス13の黒で屋外飼育していると、簡単に水温は40℃くらいまで上昇します。

私の経験ですが、水温が30℃超えが続くとメダカが弱りやすくなり、酸欠症状も少しづつ増えてきます。

可能な限り水温は、体外光やヒレが伸びやすいと言われる28℃~30℃くらいに抑えたいです。

簡単な方法として、できれば少しでも大型の容器に替えたり、材質を発泡スチロールに変更したり、色を白か透明にするなどの対策をおすすめいたします。

店長メグ
店長メグ

このような中古の衣装ケースで飼育容器としてリサイクルできます。

ただし、各段を引き出すと引出しが傾くので、引き出しの間に何か硬いものを挟んで支えを作ってください。

店長メグ
店長メグ

完璧ではありませんが、このような容器であれば、水量が22リットルあり、しかも色が透明なので夏でも安心感があります。

私も針子用にバケツと併用して使っています。

店長メグ
店長メグ

発泡スチロールの箱は、手を入れてすぐ分かるくらい水温に差が出るので、夏場の飼育にはおすすめです。

逆に、白や透明の容器でも、水量が10リットルを切るような小型の容器は怖いです。
ペットボトルに入った水とか、日向だとすぐにお湯ですもんね。

店長メグ
店長メグ

下の写真を見ていただければ分かりますが、最初に私は暑さ対策で徐々この水量30リットルのタライへ変更を進めました。

水量もソコソコで、ロープの持ち手がもちやすいので使いやすいですよ。

【STEP2】日差しを防ぐ日除け対策について

2年目の夏は事前にテントを買って簾を用意して暑さに挑みました。

テントと簾の組み合わせは遮光の効果が高く、随分水温を下げることができたので、可能であればテントがお手頃で簡単だと思います。

店長メグ
店長メグ

私は長崎県の五島列島に住んでいて、毎年数回くる台風の対策がとても大変だったので、テントは途中で断念しました。

台風があまり来ない地域の方にはおすすめです。

店長メグ
店長メグ

テントはこんな感じので大丈夫です!

店長メグ
店長メグ

簾は日除けだけでなく、簡単な雨除けとしても使えるので、何本か持っておくと便利です!

店長メグ
店長メグ

広い場所がある方は、ネットでトロ舟も安く買えるのでおすすめです。

店長メグ
店長メグ

タイトルは雨対策の重要性ですが、私がテントを諦めて遮光屋根をDIYした時の記事です。

皆さまの参考になる事もあると思います。

店長メグ
店長メグ

私は、そもそもアウトドアが好きなのでDIYも苦ではありませんでした。

DIYがお好きな方は、手作りもいいですよ!

現在の状況

店長メグ
店長メグ

今年は4年目にして念願のテラスが完成したので夏も安心になりました。

大工さんにお願いして、台風に負けないように太く重く作っていただきました!

店長メグ
店長メグ

オールシーズン使えるように、屋根材はブロンズの波板を使っているので、意外に日光を通します。

ですから、波板で防げない陽射しを西側からオーニングを張って補助しています。

店長メグ
店長メグ

お店の裏の第2繁殖場は、建物の間で風の当たりが弱いので、今でもタープテントとブルーシートで陽射し対策をしています。

意外に涼しいですよ。

【STEP3】エアレーションとシャワー

店長メグ
店長メグ

知らない方もいると思いますが、エアレーションには僅かですが水温を下げる効果があります。

ですから、酸欠防止効果も含めてエアレーションができると安心です。

暑い日は思い切って短時間のシャワーがおすすめ

私の中で、2年以上実績がある暑さ対策です。

午後の暑い時間帯にメダカの活性が下がったら、シャワーホースを使ってトロ舟クラスで1分くらい人工の雨を降らせてあげるとメダカが元気になります。

※小さな容器はジョウロなどで軽くシャワーでも効果があると思います。

店長メグ
店長メグ

シャワーで数分間水面を叩くだけでも、飼育水の中の酸素量は増加しますよ。

『冷たい水を注ぐなんて水温ショックが心配!』そうお考えの方もいると思いますが、メダカがトロ舟60リットルに1分ぐらいのシャワーでダメージを受けるくらい弱いなら、軽い夕立にも耐えれないと思います。

肝心なのは、水量に対してシャワーがごく少量であることです。

ですから、極端な水質変化をもたらす量の換水になるのは危険なので、いくら効果があってもシャワーは程々にお願いします。

店長メグ
店長メグ

注意点ですが、シャワーをする時には魚用の浄水器を使用するか、カルキ抜きをした水をジョウロなどで使ってくださいね!

水道水ジャブジャブは濾過バクテリアが死滅する可能性があるので避けてください。

私はマーフィードの浄水器を使っています。

店長メグ
店長メグ

今はこんな感じで掛け流しもできるようになったので、かなり暑い日以外はシャワーでなく30分くらいの掛け流しで対応をしています。

これくらいの掛け流しでも、明らかに活性は上がるので効果は高いと思います。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG