メダカのろ過について底床ろ材の考察「赤玉土・軽石・日向ボラ土・砂利・ソイル」どれがいいの?野外飼育でのおすすめを紹介します

店長メグ
店長メグ

皆さまは、水槽の低床材やろ材にどのような素材を選択されていますか?

赤玉土?砂利?ソイル?市販のリングろ材?

ざっと並べただけでも選択肢はたくさんありますよね。

いったい何を使うのがベターなんでしょうか?

今回は、単純なようで意外に悩ましい、低床ろ材の選択について詳しく解説をさせていただきます。

ろ材にバクテリアを定着させて水を浄化する「生物ろ過」。

メダカを安全に健康に飼育するためには、ぜひ活用したい水質維持方法のひとつですね。

ところで、バクテリアを定着させる低床ろ材として一般的なのは園芸用の赤玉土ですが、その他の軽石や日向ボラ土など様々な園芸用土は、低床ろ材として使えないのでしょうか?

今回は、園芸用土のろ材活用について、各用土ごとに比較説明をさせていただきます。

※この記事内での低床ろ材には、ザルなどを用いて飼育容器内に濾材を設置することも含んでおります。

店長メグ
店長メグ

私が書いているろ過バクテリアの記事です。

バクテリアについて興味がある方は、こちらもご参照ください。

店長メグ
店長メグ

一般的なメダカの飼育方法はこちらがおススメです。

【STEP1】底床濾材の素材は何がいいの?

店長メグ
店長メグ

著名なブリーダーさんだけでなく一般の愛好家さんも広く使っている、最もポピュラーな素材が赤玉土です。

その他に軽石(含む日向ボラ土)、砂利、ソイルなど多孔質の土や石などがろ材に使うことができる素材です。

店長メグ
店長メグ

大前提ですが、メダカは弱アルカリ性の水質を好む魚なので、水質を弱アルカリ性に変える素材を使用した方が、メダカの健康のためには良いんです。

ただ、なかなか弱アルカリ性の素材で、安価かつ処分が容易な物がないのため、弱酸性の赤玉土や軽石に水質を弱アルカリ性に変える牡蠣殻を添加して使用している方が多いです。

メダカは、弱アルカリ性の水で飼育されている方が元気なので、できるだけ水質をアルカリ性に保つようにするように心がけるとよいと思います。

店長メグ
店長メグ

些細なことですがph管理はメダカ飼育で重要です。

phについて詳細が知りたい方は以下の記事をご参照ください。

店長メグ
店長メグ

ここからは、各用土についてご説明させていただきます。

赤玉土

店長メグ
店長メグ

赤玉土は園芸店でも基本用土として販売されていますので、入手が簡単でコストパフォーマンスが良い素材です。

最もポピュラーなメダカの低床ろ材と言えます。

赤玉土の特徴


・肥料分が少なく無菌で安心

・価格が安い

・弱酸性(ph5~6程度)

・素材が土なので交換時の処分が容易

処分が容易

赤玉土の特徴の中で、メリットでありデメリットでもあるのが、長く使用すると粒が崩れて土に戻ってしまうことです。

つまり、長期間使用して赤玉土が潰れて粒状を維持できなくなると、ろ材としての効果を発揮できなくなるために、新しいものと交換する必要があります。

ただ、素材が土ですから、ご家庭の庭などに簡単にまくことができるので使用後の処分が容易なことが赤玉土の魅力です。

こういった形で、赤玉土のろ過装置を手作りしてみましたが、筒の中にエアを入れると激しく攪拌されて、赤玉土が一気に砕けてしまった経験があります。

こういう使用はボラ土や軽石向けです。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG