どうしたらメダカの稚魚(針子)の成長期間を短縮できるの!?/成長スピード上げるメリットとデメリット

店長メグ
店長メグ

みなさまは、メダカを稚魚から育ててどれくらいの期間で産卵できるサイズまで大きくしていますか?

みなさまの中にはメダカの稚魚がなかなか大きくならなくて、すごく悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

私も、メダカの繁殖を始めたばかりの頃、孵化から産卵まで2カ月以上かかっていましたが、最近は孵化から約1.5カ月で産卵するまでに短縮できました。

どうしてこんなにも稚魚の成長に差が出るのでしょうか?

メダカの針子や稚魚が思ったように大きくならなくて悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

今回はメダカの成長を早めるコツと、そのメリットとデメリットについて解説をさせていただきます。

【STEP1】稚魚を早く育てるメリット

店長メグ
店長メグ

そもそも、稚魚を早く大きくするメリットは何があるのでしょうか?

稚魚を早く育てるメリット

1.産まれてから産卵までの期間が短くなり、品種改良のペースを速くすることができる。

2.メダカの一生でいちばん弱く、外敵に捕食されるリスクが高い稚魚(針子)の期間を短くすることで、生き残る確率を高めることができる。

孵化後2週間以内でサイズが5mm以下の稚魚は針子と呼ばれます。

針子と呼ばれるサイズの稚魚はとても小さく弱いです。

そのため、育成に最適な環境を作り出し、成長スピードを加速していくことは、メダカの生存率に直結する大切なスキルです。

また、成長速度を早めることは品種改良の面でも、稚魚の成長が早い=年間に産卵する(累代できる)回数が多くなる=品種改良のスピードアップにつながるのでとても大切なことです。

【STEP2】稚魚を早く育てるデメリット

店長メグ
店長メグ

稚魚をゆっくり育てた方が、体外光が伸びやすいって知ってましたか?

稚魚を速く育てるデメリット

1.効果的に体外光を伸ばすことができる成長期が短くなってしまう

稚魚を大きくするのにデメリットがあるの!?と、びっくりされると思いますが、私が知る限り1つだけデメリットがあります。

体外光(メダカの背中に輝く金属光沢)稚魚からの成長期間によく伸びる(全身に広がる)といわれており、光を綺麗に伸ばすためには、成長期間を長くとる(=ゆっくり育てる)方が良いといわれています。
店長メグ
店長メグ

これがゆっくり育てる唯一のデメリットです。

体外光の伸ばし方については以下の記事をご参照下さい。

【STEP3】実際にメダカの成長速度を速める方法

メダカの稚魚(針子)は育てる環境を整えてあげるだけで、随分成長のペースが速くなります。

1.稚魚を大きな飼育容器へ移す

成長速度の変化が一番わかりやすいのは、卵から小さな容器で育ててきた稚魚たちを、大きな飼育容器へ移して、一気に過密な飼育環境を改善してあげた時です。

数日間で、稚魚がみるみる成長するのを確認でき、とてもびっくりすると思います。

これはグッピーなどの熱帯魚も共通する特徴で、魚は過密な飼育環境に置かれると、一層過密になることを避けるため、成長速度を鈍らせる傾向があります。

そのため、早く大きくするためには、稚魚が大きくなるのに合わせて、飼育容器をどんどん大きくする必要があります。

店長メグ
店長メグ

大きい飼育容器の代表と言えばトロフ舟ですよね。

飼育スペースが許容できる方へおすすめの容器です。

店長メグ
店長メグ

私は、屋外だけでなく、写真のようにメタルラックにトロ舟を差し込んで使っています。
これだと、狭い室内を広く活用できますよ!

2.栄養豊富なエサを1日に少量ずつできるだけ数多く与える

店長メグ
店長メグ

稚魚の死因のNO.1は何だと思いますか?

意外な結果だと思いますが、No.1の死因は餓死なんです。

メダカは胃袋を持っていないので、人間のように1回の食事で数時間~数日活動するためのカロリーを摂取することができません。

ですから、メダカは1日中餌を探して泳ぎ回り、今必要なエネルギーを確保する必要がありあます。

その対策として、可能な限り稚魚が「食べ続けられる」環境を人為的に作り出さなければなりません。

ですが、ご存じのように餌の食べ残しは水中で腐って飼育水を汚しますので、ただ餌の量を増やせば良いという単純な話ではありません。

私たちが確実に食べきれる量の餌を1日に何度も与えてメダカが「食べ続けられる」を演出できると、飛躍的にメダカは成長していきます。

店長メグ
店長メグ

みなさまは、お仕事や家事があるので、一日中メダカに餌を与え続けるなんてできないですよね。

こんな時に役立つのが、ミジンコやゾウリムシといった生きた餌です。

このよう活餌は腐って水を汚すこともなく、安心して一度にたくさん与えることができるので、メダカが「食べ続けられる」の演出に最適な餌と言えます。

店長メグ
店長メグ

室内飼育でしたら、このようフードタイマーも活用できます。

私も趣味で観賞魚飼育をしていたころ、とておもお世話になった製品です。

さすがに針子~稚魚には不安ですが、1㎝サイズの幼魚まで育てばフードタイマーでも安心して給餌いただけます。

店長メグ
店長メグ

餌についてのまとめ記事です。

市販の餌も含めて様々な餌の情報が満載です。

3.定期的にサイズごとに選別する

稚魚の歩留まり(生き残る確率)をあげる方法にも通じます。

意外だと思いますが、同じ時期に孵化した稚魚(針子)でも、成長速度にバラツキが出ます。

孵化して2週も経過すると、稚魚の大きさはバラバラになり、大きい個体が小さい個体を追いかけ始めます。

そして、大きな個体が独占的に餌を食べたり、場合によっては小さな稚魚を捕食してしまうこともあります。

そのような状況を避けるために、孵化2週間後を目安に稚魚を大きさで選別する必要があります。

そうすれば、小さな個体でも安全に餌を食べることができ、結果として成長を早めることができます。

私は、5㎜と10mmを選別の基準として、1.5cmから成魚に混ぜるようにしています。

店長メグ
店長メグ

サイズごとに容器を並べて配置しておくと選別や管理がし易いです。

店長メグ
店長メグ

サイズごとの選別は共食いを防止して、生き残りを増やす手段としても有効です。

4.できる限り大陽にあててあげる

人間と同様に、メダカも体内で栄養素を生成するために日光浴が必要です。

それに、飼育水も日光に晒されることで殺菌され、病気の発生率が下がります。

また、太陽光のもとでメダカを飼育すると、水中に植物プランクトンなどの微生物が自然発生し、それらを餌として、稚魚は元気に成長していきます。

ただし、夏の時期は水温が上昇しすぎて全滅するリスクがありますので、水温に注意しながら適度に遮光をしていただくことも必要です。

店長メグ
店長メグ

室内で育てた経験がある方は、屋外で育てた稚魚(針子)に比べて成長が遅いと感じたことはありませんか?

それは、太陽光の恩恵が理由です。

めだか屋SUNでも、孵化して最初の2週間は室内で育てますが、その後はできる限り屋外に引越しさせています。

※このときに大き目の容器へ移し替えも行っています。

店長メグ
店長メグ

ただし、太陽の当てすぎも危険ですからね!

5.水質の維持管理

ほとんど水換えをしない飼育より、定期的に水替えを行うほうが、新水の刺激で稚魚(針子)の成長が速いようです。

それに、酸素が豊富でキレイな水の方が稚魚の健康に良く、元気に餌を食べて大きく育ちます。

ただ、水替えになれていない稚魚は水質の変化に敏感です。

最初は、少量ずつ水換えをして、水替えに慣らすようにした方が安全だと思います。

店長メグ
店長メグ

水換えについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

私は自分でも点滴容器を自作して、水替え時には優しく注水しています。

最後に

稚魚を速く大きくする方法まとめ

1.大きな飼育容器へ移す。

2.栄養豊富なエサを1日に少量ずつできるだけ数多く与える

3.定期的にサイズごとに選別する

4.できる限り日光に当ててあげる

5.水質の維持管理に気を付ける

ここまで、メダカの稚魚(針子)の成長速度を早める方法を紹介いたしました。

特に、品種改良へチャレンジされている方は、早く育てることができれば、それだけ早くF2(孫の代)を出せるのでおすすめです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

店長メグ
店長メグ

一般的な稚魚の育て方を以下にまとめています。

その他、この記事と別の餌の切り口で稚魚の成長スピードを高める方法を書いた記事です。

併せてご覧ください。

店長メグ
店長メグ

最後に郷土に貢献したいので、朝の連ドラ「舞い上がれの」舞台にもなっていて、現在私が居住している五島列島の特産品「2種類」をご紹介させてください。

五島純粋つばき油

「つばき油」は昔から「緑の黒髪」を産む整髪料と言われていて、毛髪に素晴らしい栄養を与えて「切れ毛」「枝毛」「フケかゆみを」防ぐ効果があると言われています。

私の愛用品です。是非お試しください!

五島うどん

「五島うどん」は讃岐うどんや稲庭うどんと並び日本三大うどんの一つに数えられており、真珠のような白さと細いながらにもっちりとした独特のコシと喉ごしの良さが魅力です。

是非ご賞味ください!

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG