【最新】幹之(みゆき)メダカの体外光を綺麗に伸ばす方法!必要なのは加温飼育?黒容器?白容器?

店長メグ
店長メグ

幹之(みゆき)メダカに代表される、背中に入る金属光沢のラインを体外光(たいがいこう)と言います。

最近の幹之メダカは、かなり固定率が上がっているので、簡単にフルボディまで体外光が伸びます。

でも、カブキメダカとか三色体外光メダカなんかだと、なかなか体外光が伸びなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

もし、体外光が思ったように伸びずに悩んでいらっしゃる方がいたら、この記事を最後までご覧ください。

解決の糸口が見えるかもしれません!

幹之メダカが、水槽の中を光を反射させながら泳ぐ様は見事の一言ですよね。

ほんの数年前まで、目の後ろ付近まで光りが伸びている(グレード:スーパー光)だけでも貴重とされてきました。

最近では、口の先までしっかり体外光が伸びている(グレード:フルボディ)ことが当たり前ですよね。

でも、幹之メダカ以外の体外光が伸びる品種(カブキ・三色体外光など)では、まだまだ丁寧な適切な育て方をしてあげないと、フルボディまでは光が伸びません。

そして、体外光をフルボディまで伸ばす飼育技術が、ブリーダーさんの腕の見せ所とも言えます。

今回は、意外に工夫が必要な体外光を伸ばす飼育方法についてご説明させていただきます。

【STEP1】具体的な体外光を伸ばす飼育方法とは?

店長メグ
店長メグ

先に答えを言っちゃうと、過密気味に白い容器で育てて、水温を28℃以上に維持できると、体外光が綺麗に伸びますよ!!

体外光の伸ばし方として最もポピュラーな方法が、高水温を維持して育てることです。

特に水温28℃~30℃(最低水温28℃以上)を維持できれば、体外光がよく伸びると言われています。

高水温を維持するために、以下のような飼育方法をお試しください。

  • 初夏からの水温が高い時期に集中して採卵する
  • 黒い容器を使用して日当たりが良い場所で育てる

その他にも、次のような対応をすると体外光が伸びやすいと言われています。

  • (加温飼育ができる環境であれば)白容器で過密気味に飼育する
  • 体外光が速く伸びた早熟個体を種親にして選別累代する
店長メグ
店長メグ

これは私が実際に使用しているヒーターで、温度調整式ヒーターは一般的に5,000円くらいしますが、こちらは半額以下で温度調整機能が搭載されているのですごく便利です。

もう、1年以上故障もなく使えているので、安物買いの心配もないと思います。

そもそも、固定温度タイプで28℃設定は見たことがないので選択の余地はないかもです。

店長メグ
店長メグ

ただし水温が28℃を超えてくるとアンモニアが悪さをしやすくなりますので、ポツポツ死に注意が必要です。

以下の記事をご参考にろ過バクテリアを活用して、アンモニアの分解を促進してください。

夏の水温が高い時期を選んで採卵する

繰り返しになりますが、体外光は水温が28℃~30℃(最低水温28℃以上が必須)で飼育すると光が伸びやすいと言われています。

ですから、体外光が魅力の品種を育てる場合は、梅雨明け以降の初夏に採卵を始めると、ちょうど夏の水温が高くなる時期に成長期を迎えるので、効率よくきれいな個体を産み出すことができます。

黒容器で日なたで育てて水温を上げる

初夏の採卵が効率的なことはわかっていても、できれば春先から採卵して育てたいのも人情です。

春先に採卵する場合は、黒い容器を使用して日当たりの良い場所を選んで育てることで、高水温を維持しやすくなります。

春先の飼育はこういった条件にこだわって育ててください。

夏場の日向の注意点

店長メグ
店長メグ

夏場に油断しすぎると、メダカが茹で上がりますよ。

夏場の黒容器飼育は、水温が簡単に30℃を超えていきます。

私が経験した最高水温は36℃前後ですが、場合によっては夏場40℃を超えることもあるようです。

高水温に強いと言われるメダカにとっても、30℃以上の水温はさすがに苦しい温度です。

ですから、夏の間は遮光ネットや簾などを使って温度管理をすることが大切です。

また、急激に水温が上昇すると、水中のアンモニウムイオン(NH4+)が、有害なアンモニア(NH3)に急速に変質して、メダカがアンモニア中毒で全滅するリスクが高くなります。

そのため、夏場はメダカの様子をしっかり観察して、状態を見ながら水換えや日当たりの調整をすることが、本当に大切です。

店長メグ
店長メグ

水温が28℃を超えてくると、水そのものも傷みやすくなりますから注意してください!

店長メグ
店長メグ

写真は夕暮れですが、私のところでは、夏場の最盛期こんな感じで日除けをしています。

厳密にはしていました⇒2022年にテラスができました。

店長メグ
店長メグ

テラスも含め私のお店の最近の様子は、以下の記事でご覧いただけます。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG