【失敗しない】メダカの針子(稚魚)におススメの飼育容器(水槽)選び方と成長過程による大きさと色(白・黒・透明など)の変遷と使い分けの目安/適切に飼育容器が大きくなれば針子も成長するので環境整備が大切

店長メグ
店長メグ

みなさま、メダカ活は楽しんでいらっしゃいますか?

店長メグ
店長メグ

春は、稚魚の成長が楽しみな季節ですよね。

店長メグ
店長メグ

私も、何度メダカシーズンを迎えても、稚魚の成長が待ち遠しくて、それが楽しみでメダ活をやっているようなものかもしれません。

毎年春が訪れると、ワクワクするのは私だけでしょうか?

温かくなり、メダカが産卵を始めると、新シーズンの幕開けのような気がして気が引き締まります。

なにより、綺麗な成魚を眺めるのも幸せですが、日々小さな稚魚が成長していくのを観察するのも、メダカ飼育の醍醐味ですよね。

みなさまは、メダカの成長過程の飼育容器に、何をお使いでしょうか?

ご存じの方も多いと思いますが、メダカに限らず魚は、飼育容器の大きさだけでも、その成長速度に大きな差が出ます。

今回は、私流の稚魚の飼育容器の選び方について、解説をさせていただきます。

卵の孵化と管理は製氷皿が便利

店長メグ
店長メグ

お味噌の空き容器に、新しいメチレンブルー水を準備しておいて、まめに水換えをして、水カビ対策を行っています。

店長メグ
店長メグ

卵と言えども水温と水質の管理は大切です。

卵が孵化したらNVボックス13の透明容器にに引っ越す

店長メグ
店長メグ

本当は、いきなり大きい容器で飼育した方が、成長も速いです。

店長メグ
店長メグ

でも、大き過ぎると生存数の管理もしにくいし、どうしてもスペースに限りがあるので、針子のうちはNVボックス13で飼育をしています。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥480 (2024/07/10 15:10時点 | 楽天市場調べ)
charm 楽天市場店
¥480 (2024/07/08 02:42時点 | 楽天市場調べ)

私は、歩留りと飼育密度の管理のために、針子約30匹を1セットで飼育するようにしています。

針子の移動は、網ですくうと危険なので、スポイトやレンゲなどで水ごと移動するようにして、数を調整しています。

特に累代している品種は、最初の2週間ブラインシュリンプを使って、室内で過保護に育てています。

店長メグ
店長メグ

意識して累代していないメダカの卵は、バケツを並べて数の管理をしながら、屋外で飼育をしています。

屋外のバケツでも、太陽をサンサンと浴びて元気に育つんですよ。
計画的な累代以外に、自然に産卵して増えたメダカも大切な命ですから、大事に育ててお求めやすい価格で販売したり、学校などに寄付する活動に使っています。

メダカが小さいうちは、外敵の侵入防止のために、網をかけておくと安心です。

容器の色に青や透明がある理由は、体外光やラメを増やすテクニックです。

ご興味がある方は以下の記事をご参照ください。

店長メグ
店長メグ

容器の色の選び方ひとつで、メダカの美しさに差が出ます!

体調が5mmを超えてきたらキングタブ角型の36リットルへ引っ越す

店長メグ
店長メグ

孵化後2週間が経過して、体長が5㎜を超えてきたらキングタブ角型36リットルへ、引越ししています。

店長メグ
店長メグ

オーバーフロー対策をしているので、この状態で水量は32~33リットル位かな?と思います。

先程も書きましたが、私の目安は1容器約30匹飼育なので、36リットルのキングタブで飼育すると、1匹あたりの水量を1リットル確保できる計算になります。

早く稚魚を大きくしたい場合は、最低でもこれくらいの水量を確保してください。

店長メグ
店長メグ

容器が大きい方が水質悪化も防げるので、一石二鳥ですよ!

体長が7mmから1cmを超えてきたらトロ舟60リットルへ引っ越す

店長メグ
店長メグ

ある程度メダカが大きく育って、ふっくらとしてきたら、60リットルのトロ舟に引っ越しています。

60リットルのトロ舟で、1容器に30匹飼育だと、計算上1匹あたりの水量は2リットル弱。
ここまで余裕があると、成長スピードがグンと速くなります!
ベランダ飼育などで場所がない方でも、私みたいにスチールラックにトロ舟を差し込んで使うと、1畳くらいのスペースでも、簡単に2段~3段くらいはトロ舟を設置できます。

店長メグ
店長メグ

下の写真はスチールラックにトロ舟を差し込んで、3つの容器を湯煎方式で加温している写真です。

店長メグ
店長メグ

こんな感じで、狭い場所でも道具をうまく活用すると、様々なことができます。

特別にラメや体外光を狙うメダカは白容器で飼育する

店長メグ
店長メグ

先ほど飼育容器の色の記事を載せましたが、ラメや体外光を伸ばすには白容器が一番です。

店長メグ
店長メグ

ですから、この子は期待できるという素質がありそうな稚魚を見かけたら、個別にピックアップして育ててみるのも良いと思います。

参考ですが、容器に貼ってあるシールは水換え日のメモです。

他の記事でも書いていますが、私はメダカの動きを見ながら、調子が悪ければ毎日でも水換えをします。

でも、逆に調子が良すぎて水換えが漏れてしまう容器もあるので、その回避のために前回「いつ」「どれだけ」水を換えたのか記録を残すようにしています。

小さな容器は、どんなに調子が良くても、週1回以上のペースで水換えするようにしています。

店長メグ
店長メグ

私はDaisoの白いコンテナを使っていますが、このような専用の飼育容器もあります。

店長メグ
店長メグ

メダカの水換えについては、以下の記事をご参照ください。

最後に

春も盛りで、今まさにベビーラッシュと思いましたので、私流の稚魚の育て方と、容器の選び方の記事を書かせていただきました。

繰り返しになりますが、メダカに限らず魚は、水槽が広いほど成長速度が向上します。

私も数年前まで、13リットルのNVボックスのみで飼育していて、その頃は稚魚を大きくするのに、とても時間がかかっていました。

大きな容器を使うと、成長速度がグンと速くなるのを実感できると思います。

メダカの成長速度が遅くて悩んでいらっしゃる方は、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事が、みなさまのお役に立てると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

針子(稚魚)の育て方について併せてご覧ください