メダカの卵と赤ちゃんはどのように管理すればいいの?孵化までの飼育方法から針子(稚魚)の育て方まで解説します

店長メグ
店長メグ

メダカが卵をぶら下げている姿を見つけて、慌てた経験はありませんか?

店長メグ
店長メグ

せっかくメダカの卵を見つけても、採卵して管理しているうちに、卵がカビて腐ってしまったり、なかなか順調に育たずに、困っている方も多いのではないでしょうか?

店長メグ
店長メグ

私も、初めて卵を採集した時は、全部水カビでダメにしてしまい、凄くがっかりした記憶があります。

店長メグ
店長メグ

どのように管理すると、メダカの卵は元気に孵化するのでしょうか?

みなさまは、メダカの卵の孵化は順調ですか?

せっかくメダカの卵を採集できたのに、水カビでダメにしたり、孵化率が悪くて困っている方も多いのではないでしょうか?

私も、メダカの飼育を始めたばかりの頃、直ぐにカビてしまうメダカの卵に凄く頭を抱えたものです。

どうしたら、メダカの卵を水カビから守れるのでしょうか?

今回は、メダカの販売店をやっている私が、メダカ初心者の方向けに、メダカの卵の採卵から、孵化までの管理方法を、ご紹介させていただきます。

メダカが産卵しているのを見かけたらやるべきこと

店長メグ
店長メグ

メダカは産卵時期になると、水槽の壁や、水草や岩などのレイアウトに、卵を産み付けます。

産み付けるものがない場合は、水槽の底に産み落とすこともあります。
ただ、水槽内に卵を放置していると、大人のメダカが、卵や孵化したばかりの稚魚を食べてしまうので危険です!!

店長メグ
店長メグ

びっくりされるかもしれませんが、メダカは共食いをする性質があり、卵も例外ではありません。

また、水槽内で無事に孵化しても、稚魚のうちに殆ど成魚に捕食されてしまいます。

ですから、メダカが卵を水草や石などに産み付けたら、速やかに採卵して別の水槽に隔離してあげてください。

店長メグ
店長メグ

でも、卵を触ると、潰してしまいそうで怖いですよね💦

しっかり受精した健康なメダカの受精卵は、指でつまんでもゴマ粒くらいの硬さがあるので、優しく摘まめば潰さずに移動できます。

店長メグ
店長メグ

もし、摘まんで簡単に潰れる卵があれば、それは受精できずに傷んでしまった卵なので、潰れたからといって、悲しまなくても大丈夫です。

卵の隔離用の水槽は、小さなコップや昆虫採取用の小さなプラケースで大丈夫。

私は品種がある程度多いので、画像のようなDaisoのコレクション容器を活用して管理しています。

店長メグ
店長メグ

孵化したての針子は、まだまだ泳ぎが苦手なので、水深が深すぎない方が安心です。

また、酸欠の防止の意味でも、開口部が広くて浅い容器をおススメしています。
容器は開口部が広い方が、空気との接点が大きくなるので、酸素が溶け込みやすくなります。

また、市販品や手作りで、様々な形の産卵床(卵を採卵するための道具)があります。

メダカが産卵を始めたら、水槽の中に産卵床を入れておくと、採卵が簡単になります。

店長メグ
店長メグ

なかなか産卵しに時に、水槽に産卵床を入れると、産卵がはじまることもあります。

産卵床の形は様々で大丈夫ですが、水の中に沈める部分は、黒や紺、焦げ茶などの暗い色でないと、メダカが警戒して産みつけないようです。

店長メグ
店長メグ

卵を集めて孵化させるには、このような産卵床かホテイアオイという浮草を使用すると採卵が簡単です。

産卵床を何個か準備しておいて、回収した産卵床を別の容器に浮かせておくだけで、環境が合えば、卵は自然に孵化してメダカが増えてくれます。

春先は約14日、夏場で約8日前後で卵が孵化しますので、産卵床を週に1回ペースで交換してあげると、孵化した稚魚が親に食べられるリスクが少ないと思います。

採卵・隔離後のメダカの卵の管理方法

卵の管理方法


①メダカの卵は、新しい水の方が孵化率が上がるので、親メダカの飼育水ではなく、新しい水を飼育水に使用してください

②メダカの卵は水カビに侵されやすいので、メチレンブルーなど観賞魚用の殺菌剤に入れて保管すると安心です

③卵が水カビに侵されると、近くにある卵にも伝染してしまうので、卵はできるだけバラバラにして、一か所に固まらないようにすると、水カビのまん延対策になります

※水カビに感染した卵を見つけたら、感染防止のためすぐに取り出して処分してください。

メダカの卵の孵化までの日数

メダカの卵の孵化までの期間は、一般に合計温度が250℃が目安と言われています

これは、孵化までの水温が概ね25℃とすると、250℃÷25℃=10日となり、孵化までの目安が10日という意味になります。

店長メグ
店長メグ

ただし、30℃以上の高水温と、15℃以下の低水温では、卵が死んでしまい孵化しないリスクが高くなります。

いずれも卵の管理水の温度にはご注意ください。
参考ですが、水温30℃前後で卵を管理すると、ダルマメダカ(ショートタイプ)の発現率が上がると言われています。

メダカの卵の孵化までの管理方法

屋外飼育の場合は、水温が上がり過ぎないように、午後の西日を避けた半日陰の場所に卵容器を置いて孵化を待ちます。

日光に殺菌効果がありますが、夏の陽射しは強すぎて、バケツくらいの水量であっても、短時間で簡単にお湯になるので、日なたでも卵管理は、おススメしていません。

夏場はしっかり遮光してください。

店長メグ
店長メグ

私は、真夏は暑すぎるので、孵化までと、孵化後の2週間は、室内で飼育することが多いです。

油断はできませんが、孵化後2週間経てば、ある程度の暑さには耐えられるようです。
それでも、一日中日に照られるような場所は、水温が上がり過ぎて危険ですから避けてください。

可能な限り卵の着糸を外す

卵を産卵床に付けたまま、バケツなどに浮かべて、孵化を待つこともできます。

ただ、孵化率を上げるためには、産卵床から卵をひとつづつ外して、着糸(ちゃくし)と呼ばれる、卵を結んでいる粘着質の糸を外して卵をバラバラにすることが、水カビの対策に有効です。

店長メグ
店長メグ

着糸はガーゼなどの上で卵をコロコロ転がすと簡単に取れるのでおすすめです。

店長メグ
店長メグ

着糸を外さないと水中で卵が集まってしまい、まとめて水カビの餌食になるリスクが上がります。

着糸を外さないと水中で卵が集まってしまい、まとめて水カビの餌食になるリスクが上がります。

孵化までの水温の管理方法について

真夏など水温が30℃に迫るような時期は、水槽の蓋や、遮光ネットなどで陽射しを調整するか、室内に避難させるなどの暑さ対策が必要です。

屋内飼育の場合は、エアコンを使って水温を25℃に調整すると孵化が早まり、孵化率も向上します。

室内でも水温が上がり過ぎることがあるので、窓際などは注意が必要です。

危険な水カビ対策にメチレンブルーを添加する

店長メグ
店長メグ

水カビの対策に、メチレンブルー水溶液に卵を入れて管理すると高い予防効果が期待できます。

メチレンブルーは必須でありませんが、水だけではミズカビに感染するリスクが高いので、できればメチレンブルーを使用する方が安心です。

店長メグ
店長メグ

メダカの卵はカルキの影響が少ないので、殺菌効果を高める意味で、水道水のカルキ抜きをしないで使用してください!

メチレンブルーの使用にあたっては、先ほどの画像の容器(10㎝×20㎝程度)でメチレンブルー1滴と、ごく少量の使用で問題ありません。

店長メグ
店長メグ

先ほども書きましたが、メチレンブルーは必須ではありません。

ただ、メダカをたくさん増やしたい方は、水カビの被害が目に見えて減少しますので、使用をおススメします。
孵化した針子も、メチレンブルー水溶液の中で元気に過ごしています。
稚魚に薬は心配と不安に感じる必要はありません。
ただ、水質ショックを防ぐために、稚魚をメチレンブルー水溶液から水道水に戻すときは優しく水合わせをしてあげてください。
メチレンブルー水溶液に、時間を掛けて加水をして、ゆっくり薄めてあげるだけで大丈夫です。

孵化前の卵の様子

卵が順調に成長すると、早ければ産卵から3日目くらいで稚魚の目が黒くなり、確認できるようなります。

また、産卵直前になると、卵の中で針子がくるくる動くようになります。

逆に、孵化しない卵は、指先でつまむと簡単に潰れますし、乳白色に変色するものが多いので、すぐに判別できます。

メダカの針子の飼育方法について

店長メグ
店長メグ

メダカが孵化してからの3日間は、お腹についた栄養袋(ヨークサック)があるので、栄養袋の栄養を使いながら、餌を食べずに過ごします。

そして、4日目以降から餌を食べだすので、餌が必要になります。

孵化したての稚魚は、口が小さく食べる餌も少量なので、市販の粉の餌を与えても食べ残すことが多いです。

店長メグ
店長メグ

食べ残した餌が、水を悪くしてしまう原因になるので、稚魚の給餌には工夫が必要です。

市販の稚魚用餌を使う場合、稚魚が小さいうちは、口に入りやすいように手の平で餌をすり潰して、指先に付いた餌を振るい落とすくらいの極少量を与えてください。

メダカは胃袋を持たず食い溜めができないので、常に餌を食べる必要があります。

そのために、メダカが小さいうちは1日2~3回程度の給餌では、餌が不足してしまうことが多いです。

店長メグ
店長メグ

稚魚用粉の餌はこの二つがおすすめです!

店長メグ
店長メグ

メダカの稚魚の死因のNO.1は、餓死と言われています。

できれば、市販の粉餌よりも、食べ残されても腐ったりせず、ずっと食べ続けることができる、ミジンコやブラインシュリンプなどの活き餌を併用する方が、餓死のリスクを減らすことができるのでおススメです。

※活き餌であっても、食べられる前に死んでしまうと、死骸が腐って水を汚す原因になるので、与えすぎや過信は禁物です。

店長メグ
店長メグ

活き餌の詳細については、以下をご覧ください。

店長メグ
店長メグ

私は、栄養価が高いので、ブラインシュリンプを使うことが多いです!

店長メグ
店長メグ

針子の飼育容器で悩んだら「わけぷか」です!

「わけぷか」は大きな容器に浮かせて使うタイプの飼育容器です。
全体の水量が多い方が、飼育水が汚れにくいので安心ですよね。
NVボックスの22リットルサイズなら、わけぷかが4個綺麗に収まるし、NVボックスでない容器に入れても使いやすいでおススメです。
私も、増やしたい品種のメダカを累代するときに、「わけぷか」を愛用中です。

Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥904 (2024/07/10 15:37時点 | 楽天市場調べ)

最後に

今回は、一般的なメダカの卵の管理方法に、私の経験を絡めて、ご説明させていただきましたが、いかがでしたか?

せっかくメダカが卵を産んでくれたのに、孵化できずに駄目にしてしまっては残念ですよね。

メダカの改良を目指しているのなら、数を取るための負荷率の向上は、とても大切なことです。

是非、この記事の内容をご確認いただき、お役立てください。

最後までご覧いただき、ありがとございました。

針子(稚魚)の育て方について併せてご覧ください