メダカの冬の室内ヒーターなし飼育と冬用給餌(含餌切り)と水換え/室内で電気代を節約して安全に越冬(冬眠)してもらう方法

店長メグ
店長メグ

みなさんは冬のメダカの室内飼育でヒーターを使用していますか?

私は、すべてを加温するのは困難だし、最近は電気代も凄いので、一部はヒーターなし(無加温)で飼育をしています。

厳密には緩やかに冬眠(のような状態)させてあげているのですが、これが割と手間がかからず歩留まりも高いので、みなさんも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回は、私の無加温飼育の冬眠までの準備を解説させていただきます。

冬のメダカの室内飼育はヒーターを使うもの。

そう思われている方も多いのではないでしょうか?

確かに年中メダカが元気に泳ぐ姿を楽しむためにはヒーターが必要です。

でも、電気代が高騰する昨今。

今年は、春までヒーターなしの無加温で冬眠して過ごしてもらうのも、飼育の一つの選択肢ではないでしょうか?

今回は、私が実践している室内での無加温飼育~冬眠までの流れをご説明させていただきます。

屋外飼育同様に室内も水温10℃を切るまでは給餌をします

屋外(外飼い)同様に水温が10℃を切るまでは給餌を行ってください。

ただし、水温が15℃を切るとメダカの消化能力が低下してきますので、できるだけ消化に優しい餌を与えるようにしてあげてください。

基本的に粗タンパクが多い餌はNGなので、活き餌や高成長をうりにしている餌は避けた方が安心です。

そして水温が10℃を割り込んだら給餌を止めて(餌切り)そのまま冬眠させてあげてください。

店長メグ
店長メグ

私は水温が15℃を切ったら”メダカの舞 メンテナンス”を与えるようにしています。

メダカの舞の中でもメンテナンスは、弱ったメダカでも消化できるように、粗タンパク質を抑えている餌です。

冬眠前、冬眠開け、そして病気のメダカの餌に最適ですよ。

時々暖かい日に元気に泳いでいるのを見かけたらどうしたら良いですか?

メダカは寒い冬の間は水底の比較的暖かいところで、じっとエネルギーを温存しながら生きています。

※水底が暖かい理由について興味がある方は、最後の方にある「氷の下でも生き残れる理由」の記事のリンクをご参照ください。

でも、寒い冬とはいっても、時折暖かい日が続くこともあります。

室内なら尚更。

そんな時、もし元気にメダカが泳いでいるようでしたら、僅かだけ餌をあげても大丈夫です。

とは言え、長い絶食期間でメダカの消化器官はかなり弱っていますので、本当に餌の量は僅かだけにしてあげてくださいね。

消化能力が落ちている時にたくさんの餌を食べると、メダカは消化不良で死んでしまうこともあります。

ご注意ください。

また、室内は屋外に比べると暖かくなりやすいので、餌を与える回数も屋外に比べると相応に多くなります。

とは言え、それほどメダカは食欲があるわけでもなく、水換えもストップしている水槽に、多くの餌の食べ残しが出ると水質が一気に悪化します。

水換えをしない時期ですから水質悪化には一層注意が必要です。

冬眠(水温10℃)までの水替えについて

私は水温が15℃を切っても給餌をしている間は4日に1回程度、1/3~1/5程度の水換えを行っています。

そして、水温が10℃に近づくにつれて、もっと換水量を減らしていきます。

この辺りは感覚でやっていて説明が難しいので、基本は最終的には1/5換水とお考えいただければ大丈夫だと思います。

※ちなみに夏の間は”ほぼ”全換水~半換水を行っています。

メダカが冬眠すると、餌も食べません。

つまり餌の残りや糞で水も殆ど汚れません。

寒さで痛みも少なく、逆に換水を減らして微生物やバクテリアが涌いてくれた方が、水質が綺麗に保たれやすいので、バクテリアを増やす意味でも、水換えの量を減らしていきます。

水換えで大切なこと

年間を通してですが、特にこの時期の水換えで大切なことは水温ショックを与えないことです。

寒い時期は、同じ室内で貯め水していても、場所が違うと結構水温差が出ますし、メダカにとってもその水温差がダメージにつながります。

店長メグ
店長メグ

これは私の経験上で確証はありませんが、メダカかは少々高めの水温ショックには耐えてくれますが、冷たい水温ショックには極端に弱いように感じています。

ですから、夏場は割とザッと水替えしますが、以下にあるように、冬はすべて点滴法で水換えをするようにしています。

私は水温が15℃を切り始めたら、水温ショックを出さないためにすべての水槽を点滴法で注水しています。

点滴でしたら、注水に時間がかかりますが、その分水温の差も緩やかなので、メダカにとっても安心です。

店長メグ
店長メグ

冬眠したら水換えでショックを与えないように、水換えを完全に止めてください!

ただし、水が蒸発した分の足し水はお忘れなく。

優しく丁寧に足してあげてください。

水量があまりに少ないと、氷が張った日にメダカが死んでしまう原因にもなりますので注意が必要です!

水槽の置き場所について

「室内だったら、日当たりのいい暖かい場所に置いておくと、冬でも冬眠せずに元気に育ってくれますよ」みたいな記事もあります。

ただ、私の場合は安全に春先まで冬眠して生き残ってもらうことが目的なので、無加温水槽は家の中でも気温変化が少ない日当たりが少ない場所で、静かに眠ってもらうようにしています。

少なくとも私の住む五島列島では、室内で水が氷るほど冷えることはないので、安心して北側の静かな場所で春まで眠ってもらっています。

メダカは水温何度までなら下がっても大丈夫ですか?

メダカは短期間なら上は35℃以上でも耐えられるという話も聞きますし、私も28℃~30℃までなら加温飼育したことがあります。

でも、水温の下限は何℃なんでしょうね。

メダカは一般的に水面に氷が張っても大丈夫な生き物です。

ただ以下にもありますように、ある程度の水深があれば水面が凍るような温度でも水底の水温は4℃前後に保たれます。

水深が浅くてメダカが死んでしまったという話を聞いたこともあります。

そう考えると、もしかすると水温4℃くらいがメダカが生きられる下限かもしれないですね。

店長メグ
店長メグ

仮に水が凍るようなことがあっても、しっかり水深があればメダカたちは生き残ってくれますからご安心ください。

以下の記事をご参照いただくと安心できると思います。

最後に

私が最初に室内飼育を始めたころは、何度もポツポツ死を繰り返してメダカを減らす日々でした。

本当に、ポツポツ死の原因追及でメダカが嫌いになりそうになったことも沢山あります。

結局、辿り着いた結論はやっぱり水質維持の大切さです。

大量に加温飼育すると、電気代だけでなく、貯め水の水温維持にもとても気を使います。

その辺りの負担を軽くする意味でも、メダカたちを優しく冬眠させてあげるヒーターなし飼育は理に適っていると思います。

今はでヒレ長系統のメダカを、室内で管理する方が加温もし易いし、横見でヒレの状態を観察しやすいなどの理由で、殆ど室内で飼育するようにしています。

そのような飼育のすみわけの中で、室内での飼育方法も少しづつ成長させてきました。

そして、最初にも書きましたがすべてを加温飼育すると電気代も凄いので、殆どの子たちを無加温で育てています。

ここまで書いたことを気掛けていただければ、無加温で飼育してもメダカたちは元気に春を迎えてくれると思います。

この記事がみなさまのお役に立てると嬉しいです。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG