本気でメダカ販売を事業化・副業化したい方向けの稼げる事業の始め方

店長メグ
店長メグ

最近のメダカブームを受けて、本気でメダカ販売での開業や、副業での収益化を目指していらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私は、もともと熱帯魚が好きで淡水魚の飼育経験が20年以上あり、その流れで10年前からメダカの飼育を始め、離島への移住を切っ掛けに増えたメダカを販売するようになったことが「アクアショップめだか屋SUN」を創業した切っ掛けです。

店長メグ
店長メグ

最初からメダカのお店をするつもりでメダカの飼育を始めた訳ではありませんが、気が付くとお店と呼べる規模まで成長できた感じです。

具体的な金額は伏せておきますが、メダカを中心とした淡水魚の販売で、主婦が就職して得られるお給料+αくらいの収入を得ることができています。

今回は、私がお店を創業して成長させるまでのノウハウをご紹介させていただきたいと思います。

多様化していく社会の中で、メダカ販売に限らず、ご自身のスキルや得意な分野を生かして、起業や副業を模索していらっしゃる方は少なくないと思います。

私が離島に移住した理由の一つに、サラリー生活ではなく低廉な費用で起業したいとの希望がありました。

最初から小売業を始めることは決めていましたが、実際に何を販売するかを決めるまで、悩みと失敗の連続で貯金を切り崩していく日々が続きました。

最終的に辿り着いたのが、趣味と実益を兼ね備えることと、離島の流通の不便を解消するビジネスということで、メダカの販売を始め、少しの利益で設備投資を繰り返しながら、まだまだ小規模ですが、お店をここまで成長させてきました。

今回は、実際に私がめだかのお店を育てる間に取った戦略や、実際の歴史などをご紹介させていただきます。

店長メグ
店長メグ

最初は、道の駅で自分で手作りした雑貨を売っていました。

「めだか屋SUN」の前身は「雑貨屋SUN」で、雑貨屋SUN時代も手作り雑貨をに販売していました。

正直、小物の類は余程センスがないと100均さんに適いません。

【STEP1】いきなり過大な投資をしない

店長メグ
店長メグ

私もTwitterやInstagramを運営していますし、そこで宣伝のようなこともしています。

⇒アクアショップめだか屋SUN Instagram

インスタのタイムラインの中で、実際にメダカの販売店開業された方の記事を拝見することが多いのですが、個人的に思うのは『設備や広告にお金を掛け過ぎてそうだな・・・私には怖くてできない』です。

最初から大きなお店を借りたり、オリジナルのステッカーを作ったり、旗やたくさんの飼育容器を準備したり、夢を大きく描きたくなる気持ちは理解できます。

でも、最初はグッと我慢してコストを抑えながらの開業をおすすめします。

店長メグ
店長メグ

ちなみに私は今でもステッカーも看板も自分で作っています。

お客さんが来ない時間を持て余したら自作を頑張りましょう!

店長メグ
店長メグ

貯金が沢山ある方や、本業の収入が多い方はこの限りではありません。
最初から広告宣伝をガーンとやって、いきなり派手にOPENする方が、短期間で知名度も上がって集客も見込めます。

ただ、今回は私のような個人が貯めた貯金くらいの予算から起業するお話ですので、ご理解をお願いします。

簡単にマーケットのお話

私が、お店を開いている場所は、人口3万人くらいの小さな離島の小さなマーケットです。

①小さなマーケットでは、短期的に大幅な売上増は見込めない

②オークションを始めとしたネット販売は、離島発信では流通の便が悪く、お届けに日数が必要で死着リスクが高いため参入を断念した

その様な経緯があり、私は着実に売上が伸びるまで慎重にお金の使い方を吟味してきました。

メダカの販売を目指される皆さまも、メダカの繁殖には大きな繁殖場が必要なので、人口密度が高い都市部や都市部に隣接する場所で創業されることは少ないと思います。

殆どの方は、私のように離島でなくても、マーケットの規模はそれほど変わらないのではないでしょうか?

ですから、起業の途中で資金ショート(お金を使いつくすこと)して燃え尽きないよう、最初のうちは一つ一つ吟味してコストを抑えながらスモールビジネスに徹することをおすすめします。

〇創業当時

店長メグ
店長メグ

後でも書いていますが、最初はお客様がいなくて時間を持て余すので、看板類は自分でカッティングシートを切って作っていました。

これが、私の創業当時の写真です。

奥に並んでいる黒い容器だけで、メダカを販売をしていました。

ずっと奥の孵化用の容器をDaisoで買ったくらいで、餌などを含めても使ったお金は2万円以下だったと思います。

店長メグ
店長メグ

2万円だったら失敗しても諦めるのは簡単ですよね。

成功するには覚悟も必要かもしれません。

でも、みなさまに楽しみや安らぎを売る仕事で、店員がお金に困って心に余裕がないのはマイナスだと思いますよ。

『覚悟がないとダメだ!』そう仰る方もいると思います。

ただ、私が起業で必要と考えることは、できるだけ長く経営を継続できる”運転資金”の確保だと思っています。

ですから、創業当時は可能な限りお金を温存することがベターだと思います。

店長メグ
店長メグ

当時使用していた容器はこちらです。

30リットルも水量があり、取っ手のロープあるので運びやすくて便利ですよ。

〇創業から4カ月後

この写真は、夏場の利益で少しずつ拡大していた創業から4カ月後の写真です。

この時点では、利益をすべて設備投資に回していたので、全く儲かってる印象もなく、ただただ起業の夢だけを追っていた夢追い人の頃の写真です。

店長メグ
店長メグ

でも、少しづつお客さまも増えてすごく楽しい時期でもありました。

〇創業から2年

店長メグ
店長メグ

だんだんお店らしくなってきたでしょうか?

でも、このころまでは初めてのお客様から「何屋さんか不明で怖かった」と言われることが多かったです。

〇創業から2年3カ月

店長メグ
店長メグ

この写真が創業2年目の夏の写真です。

水槽の水量が少ないとメダカが落ちやすいので、トロ舟や水量110リットルの大型容器を入れて、やっとお店っぽくなり始めた頃です。

店長メグ
店長メグ

横からの写真だから中が見えますが、道路からは遮光ネットで中が見えなくて、謎のお店だったらしいです。

〇創業から2年4カ月

この写真は2年目の”夏”の写真です。

雨対策と日差し対策のために、Daisoさんのアイテムを中心に日除け屋根をDIYしました。

繰り返しになりますが、創業時期の基本はできる限りお金を使わずに運営することが大切だと思います。

これは創業1年半で地元のケーブルテレビに取り上げていただいた時の写真です。

店長メグ
店長メグ

長い期間継続していればチャンスがやってきますよ!

こういった形で、大きな費用を掛けなくてもコツコツ長期間運営して行けば、着実に口コミでビジネスの芽が育っていきますので、繰り返しですが初期投資を抑えて運転資金を温存するように心がけてください。

長く営業していると、少なからずチャンスに恵まれることもあるので、限界まで諦めないことも成功のために必要です。

〇創業3年目突入

これが現在の創業3年目の写真になります。

収益で4m×4mの巨大なテラスができて、やっとお店っぽくなってきましたし、お店の裏の繁殖場も3倍に拡大しました。

これからも、少しずつ設備投資を継続しながら、もっとお店を大きくしていきたいと気合を入れているところです。

店長メグ
店長メグ

リスクを負ってお金を掛けなくても、コツコツ長くやって行けば、ビジネスはちゃんと成長していくことがご理解いただけましたか?

ビジネスを成功させるために大切なことは、しっかり長期間踏ん張れるだけの資金を持っておくことです。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG