【初心者向け】王妃や竜の瞳などアルビノメダカの育て方/屋外と屋内での飼育方法の違い/稚魚の育て方から増やし方と混泳の注意点など

店長メグ
店長メグ

みなさんはアルビノタイプのメダカをご存じですか?

店長メグ
店長メグ

具体的な品種名としては、燐光ベースの王妃や、幹之ベースの龍の瞳など。

店長メグ
店長メグ

アルビノタイプは白い体に赤い瞳がとてもキレイで可愛らしいですよね。

店長メグ
店長メグ

でも、実際に育ててみると意外に難しい。

店長メグ
店長メグ

今回は、とても可愛いアルビノタイプのメダカの育て方について、ご説明させていただきます。

みなさまはアルビノタイプのメダカを育てたことはありますか?

私が、最初に育てたアルビノタイプのメダカは王妃で、無事に採卵して針子が産まれるまでは順調でしたが、いつの間にか針子が消えてしまい、とても悲しい思いをした記憶があります。

アルビノメダカは、独特の弱さというか特徴があるために、育て方も特殊な面があります。

みなさまも、なんだかアルビノメダカは難しいとお感じになられているのではないでしょうか。

このブログでは、他のメダカの品種とは少し違ったアルビノメダカの育て方について、ご説明させていただきます。

アルビノメダカとは

アルビノとは、突然変異で色素を持たずに産まれてきた個体を指す言葉です。

アルビノはメダカに限らず様々な生物で見られますよね。

体内に色素が無いため全身が白や乳白色になり、瞳は血液が透けて赤色になります。

そしてアルビノの個体は全般に

①日光に弱い

②目が見えにくい(見えていない)

③そもそも体質的に弱い

④そういった理由で繁殖が難しいなどの特徴を持っています。

アルビノメダカの特徴と育て方のトラブルシューティング

アルビノメダカは色素が薄い特徴からこその育て方の難しさがあります。

ここでは前述のアルビノメダカの特徴に沿って、具体的な育て方を説明させていただきます。

アルビノメダカは日光に弱い

色素がないために肌が弱く、太陽だけでなく光全般に弱い特徴を持っているようです。

そのため太陽光を避けた屋内での飼育が有効で、外飼いは可能な限り日陰が長い場所か、日除けを使用するなどの工夫が必要です。

アルビノメダカは目が見えにくい(見えていない)

アルビノメダカは瞳に色素が無いために、殆ど周りの様子が見えていないと言われています。

そのため普通のメダカと混泳させるとエサの取り合いに負けてしまい、最悪の場合は餓死してしまいます。

店長メグ
店長メグ

餌の取り合いに負ける話は、普通のメダカでも稚魚の頃は更に堅調ですので注意が必要です。

対策としては、混泳をさせないことが一番です。

その他、水槽内にレイアウト素材をたくさん配置すると、ぶつかり身体を傷つけてしまうリスクが高まるため、アルビノメダカの飼育水槽は極力障害物を設置しないようにしてください。

アルビノメダカは体質的に弱いので飼育は注意が必要

水中に暮らす生き物は全般的に水質悪化や水質変化に弱い生き物ですが、アルビノ種は更に一段敏感です。

その為、他のメダカが生きていける環境であってもアルビノメダカは容易に死んでしまう場合があります。

アルビノ種の飼育においては、水質維持や水槽を移動する場合や水替えの際の水合わせには一段上の慎重さを持って取り組まれることをおススメいたします。

具体的には、ろ過フィルターを大きな容量の物にしたり、水換えの頻度を増やしたり、加水の際は点滴容器を使用するなどすると安心です。

店長メグ
店長メグ

私は室内飼育する場合は大型なのに水流が弱い外部フィルターのVAX60を愛用しています。

店長メグ
店長メグ

VAX60の詳細については、この記事の最下部にある記事をご覧ください。

アルビノメダカは産卵・繁殖が難しい

特に視力の弱さが一番の要因でしょうか?

一般のメダカに比べて交尾が苦手で採卵が難しい特徴を持っています。

アルビノメダカの遺伝と固定率について

店長メグ
店長メグ

普通のメダカからアルビノメダカが生まれる確率はものすごく低いです。

でも、アルビノとアルビノの子供は、ほぼアルビノメダカが産まれてきますので、繁殖にチャレンジしてみたい方はご安心ください。

最後に

ここまで、アルビノメダカの特徴と育て方について解説させていただきましたが、いかがでしたか?

真珠のような透明感があるアルビノメダカを、上手に育てることができるようになったら、メダカ活が一層楽しくなるような気がしませんか?

私も、何度もチャレンジして、失敗して、その繰り返しで育て方をマスターしていきました。

この記事が、みなさまのお悩み解消に役立つと嬉しです。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

メダカの飼育方法について併せてご覧ください