メダカの飼育で水面の緑色の膜や水槽のレイアウトにまとわりつく藍藻(シアノバクテリア)の予防と対策・除去について/リン酸を増やさない餌の与え方やph調節・水槽掃除などについて解説します

店長メグ
店長メグ

みなさまは、水面にドロドロの緑色の膜が張ったり、ろ材や水槽の隅にドロッとした藻がついて困った経験はありませんか?

それは「藍藻(シアノバクテリア)」という菌が原因かもしれません。

店長メグ
店長メグ

「藍藻」は、他のコケ類と異なり、青酸カリよりもずっと強力な毒素を発生させるので危険です。

もし「藍藻」を発見したら、早急な対応をおススメいたします。

水面や水槽内のレイアウト素材にベトッと張り付いて厄介な「藍藻」(らんそう)。

アオミドロのような髭(ひげ)状のコケでなく、ドロッとしていて強い臭いがするようでしたら、藍藻(らんそう:英名シアノバクテリア)という、藻に似たバクテリアの仲間が増えている可能性が高いです。

水面に膜上に増えた場合、一見すると「グリーンウォーター」のようにも見えますが、青いフィコシアニン(青い色素)を持つので、全体にやや青みがかって見える事が多く、ドブのような刺激臭がしたら「藍藻」の可能性があります。

「藍藻」は見た目が悪いばかりでなく、生き物に有害なミクロシスチン、シリンドロスパーモプシン、アナトキシン-a、サキシトキシンなどの毒素を発生させ、その毒性は青酸カリよりも強力なので早急な改善が必要です。

今回は、そんなメリットもなく、ただ不快なだけの存在、「藍藻」の対策について解説させていただきます。

【STEP1】藍藻の発生原因と対応策

店長メグ
店長メグ

藍藻の発生原因は以下の通りです。

私は、餌の与え過ぎが、一番陥りやすい状況だと思います。

①水質が弱アルカリ性

②水質が硬水

③水槽内にレイアウト用品などに付着した菌(シアノバクテリア)が持ち込まれた

④水流が弱い・水が淀んでいる(通水性が悪く低酸素状態)

⑤リン酸塩の増加

店長メグ
店長メグ

①②の水の硬度が高い環境(ミネラル分が量が多い環境)や弱アルカリ性の環境は、飼育の都合で意図的に作っている場合もあると思います。

もし、「藍藻」が発生した場合は、可能な範囲で調整をご検討ください。

店長メグ
店長メグ

④や⑤の餌や水質・水流などに関することは、水質維持の面でもデメリットしかないので改善が必要です。

また、③の原因になるような、どこから来たかわからないレイアウト素材や水草は水槽に入れない方が安全です。

拾ってきた流木などは必ず下処理をしてから使用してください。

「ペーハー調整剤」の中には「藍藻」が好む「リン酸」を含むものがあります。

ですから「藍藻」が発生したからと言って、安易に「ペーハー調整剤」で酸性に誘導しないようにご注意ください。

「ペーハー調整剤」の影響で「リン酸」が増加して、逆に「藍藻」を活性化させる危険があります。

店長メグ
店長メグ

水質を酸性に変えたい場合は、底床にソイルや赤玉土を使用する方法が簡単です。

また、アルカリ性の原因になる、砂利や石組レイアウト、牡蠣殻の使用などを控えると効果があります。

水流が弱い・水が淀んでいる

店長メグ
店長メグ

メダカは水流が苦手だから、水流を控えて飼育していますよね。

それは仕方がありません。

でも、ビオトープや石組みなど複雑なレイアウト水槽で飼育をしていると、水流が届かない場所が増える原因になり、「藍藻」発生の原因になります。

水上・水中に関わらずレイアウト(石や流木など)で水の流れや酸素が届かない場所(止水域)が増えると、「藍藻」が発生する原因になります。

いくらメダカが水流が苦手といっても、適度なエアレーションの実施や、流れを遮り過ぎないレイアウトを心掛けてください。

また、底砂が厚すぎると、砂の目詰まりから通水が悪化して「藍藻」発生の原因になります。

もし「藍藻」が発生した場合は、底砂の厚みを減らすなどの対応も効果的です。

店長メグ
店長メグ

基本的には底砂の掃除が大切です。

また底砂の粒が細かすぎると、砂粒の隙間が詰まりやすく、水底の淀みの原因になります。

店長メグ
店長メグ

通水に関して安全な「藍藻」対策は、ベアタンク(容器の底に砂や砂利を敷かない飼育方法)に徹する事が確実かもしれませんね!

リン酸の増加

リン酸は、過剰なメダカの餌や糞が原因です。

また、その他にも水道水、砂や岩や土、アクアリウム用品などにも微量にリン酸は含まれています。

店長メグ
店長メグ

やっぱり「リン酸」の主因は「餌」が多すぎることだと思います。

メダカが「過密」だったり「餌」が多すぎると、「藍藻」の栄養となる「リン酸」が溜まりやすくなります。

「藍藻」が発生したら、過密の解消や「餌」を減らすなどの対策が必要となります。

店長メグ
店長メグ

餌の与えすぎは、水質維持やメダカの健康維持の面でも、デメリットしかありません。

餌の量については、以下の記事をご参照ください。

店長メグ
店長メグ

メダカの餌って案外少なくて大丈夫なんです。

逆に「餌」が過剰になると、水が汚れるなど害しかありません。

メダカが餌を欲しがる姿を見ると、ついつい餌をあげたくなりますが、グッと堪えてください。

孵化したての「稚魚」や、成長期で色柄共にしっかり育てたい「若魚」、産卵をさせている最中の「種親」は十分な栄養が必要なので、一日に何度も餌を与える「飽和給餌」が必要です。

ただ、それ以外のメダカについては1日2回程度2~3分で食べきる量の餌をあげるだけで大丈夫です。

もしメダカが痩せてくるようでしたら、一回の餌の量は増やさずに、一日の回数を増やすようにして対処してください。

店長メグ
店長メグ

一回あたりの餌を増やすと、食べ残しが増える原因になるので危険です!

必ず増やすのは回数にしてください。

底に貯まって腐るリスクが少ない、「ミジンコ」など活き餌の使用も効果的です。

店長メグ
店長メグ

もし、掃除をしても、「餌」の量を絞っても「藍藻」が出てしまう場合は、リン酸を除去する「リン酸除去剤」があるのでご検討ください。

ただし、「リン」は植物に欠かせない栄養素の一つなので、「リン酸除去剤」を使用すると水草の生育に悪影響が出るのが難点です。

水草水槽での使用は控えてください。

まめな水換えと清掃

定期的に過剰なリン酸を排除することで、「藍藻」の発生を抑制することができます。

水質改善の基本は水換えですから、可能な限りまめな換水で「藍藻」の発生を予防してあげてください。

また、水底に餌の食べ残しや糞が腐ったものが堆積すると、リン酸が増加する原因になります。

リン酸予防のためには、まめな清掃を心掛けてください。

店長メグ
店長メグ

掃除が雑だと、水を換えても底の汚泥からリン酸が増えてしまいます。

水換えと掃除はセットでお考え下さい。

最終的にはリセットが確実

店長メグ
店長メグ

ここまで書いてきた対策を試しても改善しない場合は、水槽をリセットして「藍藻」の菌をすべて追い出してしまいましょう!

店長メグ
店長メグ

ただし、水草やレイアウト素材に藍藻の菌が残る場合があるので、綺麗に洗えないものは再利用しない方が確実だと思います。

究極の「藍藻」対策は水槽のリセットです。

リセットをする際には、シアノバクテリアが再混入しないように、飼育用品を綺麗に清掃することが大切です。

また、流木など菌や汚れが染み込みやすい素材は、再使用を避けた方が賢明だと思います。

その他、新たに水槽のレイアウトを検討する際に、通水の面も考慮に入れて淀んだ場所を減らす工夫が大切です。

店長メグ
店長メグ

大掛かりな清掃や頻繁な水換えは、メダカにとって水質変化の負担が大きくなります。

その意味でも、リセットして新しい水槽に、優しく水合わせをして移動させる方が安全な場合もあります。

「リン酸」を排出するためといっても、繰り返される大規模な水換えはメダカにとって負担が大きいことです。

また、清掃で頻繁に汚物を巻き上げる行為も健康的とは言えません。

ですから、「藍藻」が収まらず対策を繰り返す必要がある場合は、思い切って水槽をリセットする方がメダカにとって安全な場合もあります。

掃除しても掃除しても改善しない場合は、大変ですが思い切ってリセットしてください。

店長メグ
店長メグ

新しい水槽の中にシアノバクテリアが混入するリスクがあるため、通常の水合わせのように古水を混ぜることができません。

ですから、「藍藻」対策で水槽をリセットするときには、点滴法を用いるなど、いつも以上に丁寧な水合わせが大切です。

店長メグ
店長メグ

藍藻と対となる水槽の厄介者!

アオミドロ対策は、以下の記事をご参照ください。

まとめ

店長メグ
店長メグ

藍藻対策は①止水域を作らないこと、②リン酸の蓄積を防ぐこと、③外部から持ち込まないことが肝心です。

まるで水槽内に絡むようにベットリと発生し、ひげ状のアオミドロより見た目が悪い「藍藻」。

また、「藍藻」は青酸カリより強力な毒素を出すので、ホントに厄介です。

「アオミドロ」の記事でも書きましたが、厄介者の駆除で大切なのは、適切な飼育数と適切な餌の量の管理です。

可愛いメダカに、たくさん餌をあげたくなる気持ちはわかりますが、グッと堪えて餌の量を適正に調整してみてください。

きっと良い結果が得られると思います。

この記事が、みなさまのメダカ活に役立つと嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。