CATEGORY

メダカの色揚げ

  • 2023-05-20
  • 2024-05-27

【メダカを綺麗にする知識】白容器(水槽)で飼育したらメダカの体外光は伸びますか?グアニン層の増やし方/水質や餌だけでなく容器(水槽)の色は選びも大切

みなさまは、自分で育てているメダカの体外光(たいがいこう)が伸びずに悩んだ経験はありませんか? 私がメダカの飼育を始めた頃、幹之メダカの体外光ですら、なかなか伸ばせずに苦戦をしました。 特に、三色幹之や歌舞伎、花魁のような柄があるメダカの体外光を伸ばすことは、なかなか簡単には行きません。 今でこそ、 […]

  • 2023-05-11
  • 2024-04-10

どうやったら改良メダカの体外光が綺麗に伸びるんですか?

【STEP1】水温28℃以上で育てる 私も学者さんではないので、細かい表現が曖昧で申し訳ありません。 これは、以前から言われていることですが、水温28℃以上でメダカを飼育すると、グアニンの細胞分裂が活発になるそうです。 その結果、28℃~30℃の高水温で飼育すると体外光が良く伸びると言われています。 […]

  • 2023-04-20
  • 2024-05-22

メダカのラメの増やし方(出し方)の手順と飼育方法/ラメ系を育てる為に大切なのは繁殖時の遺伝と累代/水槽(容器)の色は?餌の種類は?体外光は薄い方がいい?水換えや稚魚飼育時の適温などおススメの育て方を解説

メダカのラメを増やすには、どのよう育てたらよいのでしょうか? 同じ種親の卵でも、ラメが綺麗な子、そうでない子様々ですよね。 実は、ラメって殆どが遺伝に左右されていて、飼育環境の影響が少ないと言われています。 では、なぜ綺麗な個体とそうでない個体が産まれるのでしょうか? 今回は、その点について固定率以 […]

  • 2021-12-09
  • 2024-05-29

【最新】ぶっちゃけ改良メダカの飼育容器(水槽)って何色を使ったらいいの?黒容器?白容器?透明容器?室内と屋外(外飼い)・色柄・成長期から成魚飼育までの育成におススメの使い分けなど解説

少し前までは、どの専門書でも、どのWEBサイトでも、メダカの飼育容器の色といえば「黒」が推奨されていましたよね? もっと詳しく言うと、「黒」容器が無理なら、できるだけ「黒」に近い濃い色の容器を使った方が良いですよと説明されていました。 私も最近まで、保護色を活かした色揚げの効果や、太陽光の熱を集めて […]

  • 2021-10-04
  • 2024-05-22

改良メダカのラメを出して体外光を綺麗に伸ばすコツとは!?ラメや体外光を増やすコツや色柄ごとの飼育方法(飼育環境や育成機関・水質管理)や選別・繁殖方法の違いを徹底解説

先ほども申しましたが、私は育て方次第でメダカの美しさが変わることを知ってから、どうしたらビッシリと「ラメ」をのせ「体外光」を伸ばせるのかについて、苦悩を重ねる日々が続きました。 そして今日まで、様々なWeb記事を読み漁ったり、たくさんのことを実験し検証してきました。 その結果、多くの経験を積む中で、 […]

  • 2021-08-04
  • 2024-05-22

楊貴妃メダカの朱赤をより赤くする育て方/累代や色揚げ方法・餌の成分(カルチノイド)・健康管理・繁殖的テクニック・選別方法・飼育容器の色など色揚げ必要な要素を詳しく解説します

楊貴妃に限らず、メダカは保護色の機能を持っていて、水槽の色や飼育環境で体色が大きく変化することをご存じでしょうか? 具体的にいうと、メダカは暗い容器の中では体色をより濃くし、明るい容器の中では色をより薄くします。 ですからメダカは、この保護色機能の活用や、餌などの育て方の工夫で次第で、自在に体色を鮮 […]

  • 2021-08-03
  • 2024-05-22

【最新】メダカの体外光の綺麗な伸ばし方!必要なのは加温飼育?黒容器?白容器?虹色素胞って?グアニンって?黒色素胞で消える?など習性や飼育方法(環境や水質・適温と温度管理)や繁殖などの疑問に解説します

幹之メダカが、光を反射させながら泳ぐ姿は見事の一言ですよね。 ほんの数年前まで、目の後ろまで光りが伸びていれば(グレード:スーパー光)貴重とされてきました。 最近では、口の先までしっかり体外光が伸びている(グレード:フルボディ)ことが当たり前ですよね。 でも、幹之メダカ以外の品種(カブキ・三色体外光 […]