【メダカを綺麗にする知識】白容器(水槽)で飼育したらメダカの体外光は伸びますか?グアニン層の増やし方/水質や餌だけでなく容器(水槽)の色は選びも大切

店長メグ
店長メグ

みなさまは、自分が育てているメダカの体外光(たいがいこう)が伸びなくて悩んだ経験はありませんか?

私もメダカの飼育を始めたばかりの頃、なかなか体外光が伸びずに、何年も悩みました。

ですから、色々調べて効果が出たときは、とても嬉しかった記憶があります。

今回は、体外光が魅力のメダカを綺麗に育てるための知識をご紹介いたします。

みなさまは、自分で育てているメダカの体外光(たいがいこう)が伸びずに悩んだ経験はありませんか?

私がメダカの飼育を始めた頃、幹之メダカの体外光ですら、なかなか伸ばせずに苦戦をしました。

特に、三色幹之や歌舞伎、花魁のような柄があるメダカの体外光を伸ばすことは、なかなか簡単には行きません。

今でこそ、飼育知識を蓄えてずいぶん改善してきましたが、体外光を伸ばすことは、誰でも一度は悩みを抱えるポイントだと思います。

今回は白容器を中心に、基本でありながら奥深い体外光の伸ばし方について解説をさせていただきます。

【STEP1】白容器で育てたらメダカの体外光は伸びますか?

店長メグ
店長メグ

結論から申し上げると、白容器で育てると他の色の容器で育てるよりも、体外光を伸ばすことができます!

※ただしSTEP2以降でご説明する、水温などが同条件の前提で比較した場合の結果です。

白容器で育てるとなんでも体外光が伸びるというわけではないのでご注意ください。

メダカの体色と飼育容器の色と体外光の関係

私は学者ではないので、細かい表現が曖昧な場合があります。

恐縮ですが、表現については言葉尻ではなく、大まかなイメージでご理解いただけると嬉しいです。

さて、メダカの体色は、体の表面にある、虹色素胞・黄色素胞・白色素胞・黒色素胞の組み合わせよって作られていて、この組み合わせで様々な色柄を表現しています。

店長メグ
店長メグ

ちなみに、メダカの赤色は、黄色素胞がもとになっているので、赤と言わずに朱赤と言うんですよ!

つまり、楊貴妃の赤色は、赤ではなく濃い黄色なんです。

体外光は、虹色素胞に含まれる薄い板状の細胞の集まりグアニン層が、光を反射することで生まれます。

グアニン層はメダカだけでなく、青魚のお腹の金属光沢の部分に多く含まれている無色の成分で、キラキラと光を反射するので金属みたいに見えます。

ですから、メダカのグアニン層をしっかり増やしてあげられれば、体外光が良く伸びるんです。

白色容器で体外光が伸びる理由

店長メグ
店長メグ

グアニン層のことはわかりましたが、どうして白い容器で育てると体外光が伸びるのでしょうか?

最近、メダカの4種類の色素胞のうちの黒色素胞が発達すると、グアニン層の分裂・増加に悪影響があることが分かってきました。

店長メグ
店長メグ

メダカって黒い容器に入れて飼育すると体色が濃くなって、白い容器で飼育すると白っぽくなるじゃないですか?

これは「保護色」とか「背地反応」という反応なのですが、これを利用すれば黒い色素を意図的に抑えて飼育ができますよね?

メダカを黒い容器で育てると、体色が濃くなり黒色素胞が発達するため、体外光に悪影響がでます。

そこで、メダカを白容器に入れて、意図的に体色を薄くすることで、積極的に黒色素胞の成長を抑え、グアニン層の増加を活発にすることで、体外光の成長を狙うようになりました。

これが、白容器を使うと体外光が良く伸びると言われる理由です。

店長メグ
店長メグ

今までは、メダカを綺麗に育てるなら黒容器って言われてきたから、この事実は画期的な発見だったんだよ。

店長メグ
店長メグ

最近、白い容器はDaisoさんやセリアさんでもお安く手に入りますし、私はNVボックスの透明を使っています。

ですから念のために、メダカの専用品をご紹介しておきますね。

【STEP2】その他に体外光を伸ばすために必要な要素

店長メグ
店長メグ

体外光を伸ばす条件は、白容器の使用だけではありません。

以下の条件をバランスよく取り入れることが大切です。

水温28℃以上で育てる

店長メグ
店長メグ

昔から言われていますが、高い水温だと体外光が良く伸びるは事実です。

以前から言われていることですが、水温28℃以上でメダカを飼育すると、体外光の源となるグアニン層の細胞分裂が活発になります。

最近も、この体外光と水温の関係についての考え方は変わっていません。

水温28℃~30℃で飼育すると、体外光が良く伸びると言われています。

厳密には、最低水温が28℃を割らないことが、体外光の成長に大切な要素と判明してきました。

店長メグ
店長メグ

最低水温28℃キープって、夏の時期でも屋外では難しいかも・・

しっかり体外光伸ばすためには、室内で熱帯魚用のヒーターを使う方が確実かもしれません。

店長メグ
店長メグ

私はこんな感じで、大きな容器に小さな容器を入れて、まとめて湯煎方式で加温しています。

ちなみに、このセットは産卵用なので黒容器ですが、体外光を伸ばす時期には白容器で湯煎しています。

一番下に、体外光用の白容器が見えていますね!

店長メグ
店長メグ

加温飼育についてご興味がある方は、以下の記事をご参照ください。

春先の屋外飼育では黒容器飼育も有効な策

店長メグ
店長メグ

メダカ飼育と言えば黒容器だった理由の一つに、黒い方が太陽の熱を集めて、水温を高くする効果が期待できる事がありました。

ですから、私も黒容器を完全に否定はしてはいません。

水温が低い春先などは、黒容器で熱を集め水温を高くする飼育が、大切なテクニックです。

柄物のメダカは黒容器で育てる方が無難

店長メグ
店長メグ

三色幹之などの柄物のメダカや、朱赤を楽しむメダカを、白い容器で飼育すると、色が褪せて戻らない、あるいは戻り難くなる恐れがあります。

ですから、柄が魅力のメダカは、白容器の期間を短くするか、最初から黒容器の方が安心かもしれません。

私は、柄があるメダカと朱赤・黒などが大切なメダカは、白容器に入れないようにしています。

体調1㎝の幼魚まではやや過密に育てると体外光が良く育つ

店長メグ
店長メグ

魚って水槽が狭いと、成長を遅くする本能があるんです。

だから、少し可哀そうなのですが、わざと狭い思いをしてもらって、ゆっくりと成長させることで、時間を掛けてグアニン層を成長させるために過密飼育をします。

店長メグ
店長メグ

以前から成長が遅い個体の方が体外光が伸びる可能性があると言われてきたのは、これが理由かもしれません。

ただし、過密になると水質が悪化しやすくなるので、水換えなど水質管理の徹底が大切です。

過密が大切といっても、水質悪化で弱ってしまっては何の意味もありません。

最後に

ここまで白容器を使用すると体外光が伸びる理由と活用法について書かせていただきました。

最初にも書きましたが、私も過去に体外光が伸びなかったり、出ても点光止まりだったりで悩ましい思いをしてきました。

今回の記事が参考になって、みなさまのメダカも綺麗に体外光が伸びることを祈っております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

メダカの色揚げ併せてご覧ください