【完全解説】メダカや金魚の薬浴って複雑すぎない!?薬浴の仕方・病気の治療期間・水替えから戻すタイミングまで

店長メグ
店長メグ

メダカや金魚が病気に掛かった時、真っ先にしないといけないのが『隔離』、その次にやるのが『薬浴』ですよね。

ただ、メダカや金魚の病気といっても色々な種類があって、病気ごとに使う薬が違って、薬効が似ていても色々種類があって、結局全部揃えていないといけないのかよくわからなくて・・・・・・

頭の中がグルグルになりませんか?

みなさまは、魚の薬浴の方をご存じですか?

今回は、薬の種類も病気の原因も多様なメダカの薬浴について詳しく解説をさせていただきます。

水槽の中のメダカを観察していたら、『なんか変だ!?』『これ病気!?』ってびっくりしたことはありませんか?

私は、病気のメダカを見つけると、先ず驚きで5分くらい固まってしまいます。

差別はいけないんですが、お気に入りの魚だったら尚更パニックですよね。

店長メグ
店長メグ

なんの病気?治るの?薬は何がいいの?って、今でも持ってる薬のパッケージを見ながらドタバタやっています。

ですから、飼育を始めたばかりの方がメダカの病気を見つけパニックになっても普通です。

今回は、みなさまがお悩みの病気の症状や薬浴の方法、治療薬のチョイスなどについてまとめてみました。

【STEP1】最初に、薬浴の方法について

薬浴の基本は、隔離して治療薬を使った薬浴を数日間行って、病気が治ったら徐々に水合わせをして元の水槽に返すだけの作業です。

薬浴で準備する道具

薬浴に必要な道具は


1.隔離容器(バケツなどでOK)

2.治療薬(病気ごとに異なる)

3.(できれば)エアーポンプ

4.(飼育容器が加温の場合)ヒーター
店長メグ
店長メグ

薬浴中にはろ過フィルターを使わないので、酸欠と水質悪化の軽減のために、軽いエアレーションをすることが望ましいと思います。

また、体力が落ちているときに水温ショックは避けたいので、加温中のメダカであればヒーターを使用して、飼育水槽と同じくらいの水温に調整してあげた方が安心です。

薬浴の日数

薬浴の日数は一般的に1週間程度と言われています。

数日で見た目に病気が落ち着いたように見えることもありますが、完全に治すためにはしっかり薬浴してあげてください。

店長メグ
店長メグ

特に寄生虫の類はしっかり薬浴をしないと再度幼生が取り付いて再発することもあります。

薬浴中の餌

薬浴中はろ過が全く効いていませんので、水質悪化の原因になる餌やりは避けたほうが無難です。

どうしても薬浴が長くなって餓死が心配な時は、期間中に1回~2回程度、少量の餌をちゃんと食べきったか確認しながら与えて下さい。

薬浴中の水替え

薬浴中はろ過ができませんので、できれば2日に1回完全に換水をしてあげてください。

薬の濃度が変わるとメダカが水質ショックを受けるので、換水というより新しく同じ濃度の薬浴容器を作って引っ越す方が安全です。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG