【メダカ飼育に欠かせない!?】なぜ水槽にろ材を入れると水が綺麗になるのですか?ろ材の役割や効果について解説します

店長メグ
店長メグ

みなさまは、なぜメダカの飼育水槽にろ材を入れると水が綺麗になるのか、うまく説明できますか?

私も割と最近まで、十分には理解できていませんでした。

使用済みの外掛け式フィルターのろ材を眺めながら『うんうん、汚れがしっかり取れてる!』みたいな感じで喜んでいた時期もあります。

今回は、知っているようで意外に知らないろ材の役割やメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

みなさまは、なぜ水槽にろ材を入れると水が綺麗になるのか、上手く説明ができますか?

私も、お店にご来店いただくお客様にきちんと説明をするために勉強しましたが、最近までは分かっているようで詳しく聞かれてもご説明できませんでした。

今回は、初心者の方向けに、分かっているようで意外にハッキリとは説明できない、仕組みや効果を解説させていただきます。

中級者以上の方も確認の意味で温かくご覧いただけると嬉しいです。

【STEP1】まずはろ過バクテリアのお話

店長メグ
店長メグ

水槽の水の中には、ろ過バクテリアが住んでいて、それらが汚れを食べてくれるから水がキレイになる仕組みはご存じですか?

店長メグ
店長メグ

水をキレイにする菌は大きく2種類に分けられます。

有機物分解菌

魚のうんち
有機物分解菌
アンモニア
店長メグ
店長メグ

有機物分解菌はうんちや残った餌などを食べて、アンモニアに変えていく菌です。

ここで出てくるアンモニアが魚に取って有害なので、水替えをしないと魚が弱って死んでしまいます。

硝化菌

店長メグ
店長メグ

硝化菌は、有害なアンモニアを食べて、(亜硝酸を経由して)害が少ない硝酸塩に分解する菌です。

アンモニア
硝化菌
硝酸塩
店長メグ
店長メグ

このようなイメージで、有機物分解菌と硝化菌の働きがあって、メダカのうんちが毒性が少ない硝酸塩に分解されていきます。

【STEP2】ろ材ってなに?

店長メグ
店長メグ

結論から言えば、ろ材はバクテリアのお家です。

店長メグ
店長メグ

最初にお話しした、有機物分解菌は壁にくっついて生きる習性があり、水槽内では、イラストのようにガラス面にベッタリ付いて生存しています。

なぜ、ろ材があるとよいのかというと、

水槽にろ材を設置することで、水槽内に凸凹ができて表面積が増え、加えてそれ以上に多孔質(スポンジ状)のろ材を使用することで、更に何倍にも表面積が増えて、バクテリアの住処の面積が広がっていくからです。

店長メグ
店長メグ

硝化菌は残念ながら水中を漂う性質なので、何かに定着させることができません。
だから、水替えをすると硝化菌を捨てているのと同じなんですよね。

そこで、外部フィルターや外掛け式フィルターを導入すると、硝化菌がたくさん増えた水を貯水できるので、できるだけ硝化菌を捨てずに残せる効果があります。

店長メグ
店長メグ

こんなイメージです。

ろ材を導入するということは、水をキレイにしてくれるバクテリアのお家を提供するってことで、バクテリアがたくさん住んでくれるから効率よく水を浄化してもらえるんです。

店長メグ
店長メグ

もっとバクテリアについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG