メダカの稚魚・成魚問わず水流が優しく針子を吸い込まないスポンジフィルターがおすすめ/形の違いやメンテナンス方法について解説します

店長メグ
店長メグ

みなさまは、メダカの濾過フィルターに何を使用されいますか?

高い濾過効果が期待できる外部フィルターを始め、外掛け式フィルターなど濾過装置の形式は様々ですよね。

実際、メダカの飼育には何を使ったらいいのでしょうか?

今回は、簡単な各フィルターの説明と、私がメダカに飼育スポンジフィルターをおすすめする理由を解説させていただきます。

みなさまは、メダカの濾過フィルターに何を使用されいますか?

濾過フィルターは、外部フィルター・上面フィルター・底面フィルター・外掛フィルター・投げ込み式フィルター等、種類が様々でお値段も様々。

実際のところメダカの飼育には、何を使用するのが良いのでしょうか?

今回は、私がスポンジフィルターをおすすめする理由など、詳しく解説をさせていただきます。

【STEP1】スポンジフィルターをおすすめする理由

店長メグ
店長メグ

大前提として、メダカは物凄く水流が嫌いで、水流が強いと疲れて弱ってしまうそうです。

濾過フィルターの基本は、大型のものほど濾過能力が高く、吐き出される水流も強くなる傾向です。

濾過能力は高ければ高いほど飼育に安定感が出るのですが、メダカは強い水流を嫌うので、どうしても大型のフィルターを選択できなくなってしまうんです。

また、メダカを飼育される方の殆どが、小型で箱状の飼育容器を使用していると思いますので、形の面で外掛け式フィルターを使えないことが多いと思います。

店長メグ
店長メグ

①強い水流が苦手②水槽ではない箱状の飼育容器が多い③屋外飼育が殆どで電気が使えない

スポンジフィルターがおすすめというより「このような条件が揃うから、投込み式フィルターしか使えないんです!」というのが正しい表現かも。

店長メグ
店長メグ

イラストのような濾材入りのフィルターもありますが、稚魚の吸い込み事故を避けようと思えば、濾過力は落ちますがスポンジタイプのフィルターが安心です。

【STEP2】おすすめのスポンジフィルター

店長メグ
店長メグ

スポンジフィルターを使う理由の一つが稚魚の吸い込み事故の防止です。

スポンジフィルターのストレーナーは、製品によって目の粗さが異なります。

私が製品を選ぶポイントは、小さな箱型の容器に設置できるコンパクトさと、スポンジの目の細かさです。

1.テトラ「ブリラントフィルター」

それほど小型ではありませんが、水底に寝かせるように設置ができます。

ブリラントフィルターシリーズは、ビーシュリンプの飼育でも人気で、とてもスポンジの目が細かく稚魚の吸い込み事故の防止には最高の製品だと思います。

店長メグ
店長メグ

形を変えれるので、高さがある水槽でも低い水槽でも使用できます。

私はメダカだけでなく、レッドビーシュリンプの飼育で使用しています。

2.ニチドウ「コネクト・スポンジフィルター」

コネクト・スポンジフィルターはコンパクトでスポンジの目が細かいことが魅力です。

また、取付の吸盤の数が多いので、外れて浮いてくることが少なくて使いやすいことも魅力です。

店長メグ
店長メグ

私はベタの稚魚飼育でも使っています。

3.スドー「ベタのフィルター」

店長メグ
店長メグ

見た目の通りすごく小さなフィルターです。

飼育用というより、めだかやベタを小さな水槽で展示する時に使用することが多いフィルターです。

【STEP3】スポンジフィルターのメンテナンス

スポンジフィルターは、スポンジが目詰まりすると水量が落ち濾過力も落ちてきます。

ですから、目詰まりして水量が落ちてきたと感じたら、水替えで捨てるために抜いた飼育水の中で、スポンジをニギニギして洗ってください。

握っても汚れが出なくなれば、スポンジをそのまま元に戻して再使用いただいて大丈夫です。

店長メグ
店長メグ

スポンジについている濾過バクテリアが死滅してしまうので、絶対にカルキ抜きしていない水道水にはつけないようにしてください。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG