メダカの飼育にAmazonで売っていた安い温度調整式ヒーターを買ってみた結果をレビューします

店長メグ
店長メグ

メダカの室内飼育や加温して体外光を伸ばすためにヒーターを使用したことはありますか?

アクア用のヒーター、しかも温度調整付になると平気で1セット5,000円くらいしてビックリしたことはありませんか?

私も熱帯魚を販売しているので普段は店内を暖房で加温していますが、体外光を伸ばすための30℃加温は、暖房ではなかなか難しくヒーターに頼ります。

でも、ヒーターって高いんですよ。

今回は実際に私がAmazonで購入した安いヒーターについてレビューさせていただきます。

9月に入りメダカの産卵も止まり始めましたね。

冬場の産卵と、体外光やヒレを伸ばすために、今年も加温飼育を始めることになりました。今までは26℃で固定のヒーターを使用してきましたが、今年は30℃で加温がしたくて手ごろなヒーターを探していましたが、サーモスタットとヒータのセットはなかなか高額で手が出ずにいました。

今回はAmazonで見つけた格安の温度調整式ヒーターを購入してみましたので、その使用感をレビューいたします。


実際に購入した商品がこちらです


ダンナさん(飼育担当)のレビュー動画です

店長メグ
店長メグ

私は話すのが苦手なので、ダンナさんに説明をお願いしました。

外観と使用イメージ

今回開封したものです。センターの箱がヒーター!
開封すると、こんな感じです。

実際にAmazonから到着して開封。箱はしっかりしたもので、へこみ等もなく綺麗でした。そこはAmazon品質ですね。

電源ケーブルの中心に温度調整のダイヤルがあります。

セットしてみるとコンセントから温度調整のユニットまのケーブルが短いので、調整ユニットはすぐ上に置くか、場合によってはぶら下げる格好になるのかなと思います。

最終的に写真のように大きな容器にヒーターを設置して、湯銭方式で加温しています。


機能面

ダイヤルは32℃までメモリがふってあります。実際に使ってみると、

①ヒーターは2台買いましたが、2台で1~2℃の温度差がありました。

②ダイヤル設定温度から2~4℃の誤差がありました。

仮に2台のヒーターをA・BとさせていただくとAはメモリの32℃を超えて全開に回し切った状態で水温計の実測で29℃まで加温できました。Bは32℃のメモリで29℃、回し切って30℃まで水温が上昇しました。

ヒーターの調整については誤差がある印象ですが(100ℓ容器と23ℓ容器でテストの結果)、当初の目的であった30℃の加温については目的を満たしていますので、お値段を考えると買ってよかったと考えています。

詳細は動画をご参照ください。


加温の必要性

私が加盟している長崎めだか橋のメンバー間でテストを行い比較した結果です。

下のマリアージュは同時期に同じ親から生まれた魚ですがヒレの長さがまるで違うのがお分かりでしょうか?

加温の有無で成長がこれだけ違いますから、いかに加温が必要か一目瞭然ですね。

屋外で加温なし
室内で30℃加温
>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG