『これで脱初心者』改良メダカの飼育方法まとめ/屋内屋外・針子成魚問わずお客様の質問で特に多い疑問に簡単に答えます

店長メグ
店長メグ

私がブログを書き始めた理由は、私の「アクアショップめだか屋SUN」にご来店いただくお客様向けに、簡単に飼育情報を提供する方法が欲しかったからです。

皆さまもメダカを飼育し始めて、様々な疑問で悩まれているのではありませんか?

今日は、実際に私の「アクアショップめだか屋SUN」にメダカを買いにきてくれたお客さまから相談された質問をまとめてみました。

どれもメダカ初心者の方が疑問に感じることばかりだと思いますので、是非ご覧ください。

最近の改良メダカブームで、これからメダカにチャレンジを考えていらっしゃる方や、既に飼育されていて育て方に悩んでいらっしゃる方は多いと思います。

私も、最初にグッピーを育てていた頃や、メダカを育てるようになってからもしばらくは、育て方に悩んだ時期があります。

正直ブリーダーになった今も日々試行錯誤、実験実験の毎日です。

今日は、私がお客さまとお話をする際、よく相談されることを中心に、メダカの育て方について書いていきたいと思います。

※サムネイル写真はチャチャめだかさんからいただいた「墨武(ボブ)」です。

【Q1】メダカの飼育容器について

メダカの飼育を考えている方から最初に相談されるのは、やっぱり飼育容器についてですよね。

一般に言われている飼育容器の選び方で大切なのはこの2点

①メダカは黒い容器の方が色がキレイなので、できるだけ黒っぽい容器を選ぶ

 ※水槽の場合は黒のバックスクリーンを貼る

②(重要)メダカに最低必要な水の量は 1匹×1リットル以上

めだか屋SUNでは、この2点を念頭に容器を選んでいただくようにお願いしています。

黒い容器の方が色がキレイ

メダカは外敵から身を隠すために、保護色の機能を持っています。

そのため、白っぽい容器や透明な容器で飼育をすると、黒色を中心に体色が褪せてしまい、本来の美しさを楽しめなくなってしまいます。

例外的に「深海メダカ」「IBブルーメダカ」など、体内の輝きを楽しむメダカは意図的に白容器で色を飛ばして飼育することもありますが、可能な限り黒に近い容器をお薦めいたします。

水量は1匹×1リットル以上

これは最低ラインの水量とお考え下さい。

水量の確認方法は、飼育容器に2リットルのペットボトルで水を張っていただき、注いだペットボトルの本数(回数)×2匹以下でメダカを飼育していただければ大丈夫です。

メダカは集団を好む魚なので、多数飼育の方が元気ですが、飼育数が過密になるとどうしてもフンなどが増えて水質が悪化しやすくなります。

また、魚全般に言えることですが、狭い容器で過密に飼育すると成長が遅くなります。

ですから、稚魚や若魚の飼育で、小さいからと同じ水槽にたくさん入れてしまうと、なかなか大きくなりませんのでご注意ください。

【Q2】エアレーションは必要?

屋外飼育

屋外飼育であれば、よほど夏場の高温の時期でなければエアレーションは不要です。

風が水面を波立たせるだけで、水中に酸素が溶け込みますので、風が吹く環境であれば基本的に酸欠は起こしません。ご安心ください。

ただ、エアレーションをしないと、特に夏場は水面にどんどん膜が張ってきて見栄えが悪くなるので、お好みでのご判断になります。

※夏場の高温時期で水温が30℃を超えるような場合や、水草が多い場合は酸欠を起こすリスクがありますのでご注意ください。

※エアレーションには水温を下げる効果があるので、夏にはお薦めですし、冬の越冬時期はエアレーションを止める方が水温維持に効果があります。

室内飼育

屋内は風が吹かず、水中に酸素が溶け込みにくいため、原則としてはエアレーションが必要になります。

原則と申し上げたのは、風が吹かなくても水面付近は自然に酸素が溶け込みます。

ですから、浅く広い容器で少ない数を飼育する場合は、エアレーションなしでも飼育できる場合があります。

厳密に、こんなサイズでこの匹数なら大丈夫ということは断定できませんし、環境で大きく結果が変わりますので、このあたりについては、ご自身でお試しくださいとの回答になります。

目安としては、魚が水面で口をパクパクさせると酸欠のサインと言われています。

ただ、メダカは水面にいることが多い魚なので、サインを見つけるのが難しいかもしれません。

店長メグ
店長メグ

メダカの飼育容器で悩んだら、小さくても凄く頑丈で、しかも価格が安いNVボックスの利用をお勧めしています。

大きな容器がご希望だったら、コンクリートが練れるくらい丈夫なトロ舟がおススメです!
飼育容器は可能な限り大きい方が水質が安定するので安心ですよ。

>AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

AquaShopメダカ屋SUNの観賞魚飼育図鑑

長崎県五島市でアクアショップを営む『aqua shop メダカ屋SUN』メダカを中心に繁殖と販売行っています。このサイトとは別途にビーシュリンプの専門サイトも運営/ビーシュリンプの専門サイトはコチラ⇒https://aqua.zakkaya-sun.shop/

CTR IMG